2011年07月27日

拉致問題 動画「めぐみ」人権の大切さ

AIKOKUKOROSUさんが 2011/07/24 にアップロード

 -文部科学省選定作品-
北朝鮮による日本人拉致問題啓発アニメ

協力:横田滋 横田早紀江 本そういち 
双葉社 日本俳優連合企画
・制作:政府 拉致問題対策本部
2008年 3月制作



めぐみさんの北朝鮮拉致が判明時、日本共産党と日本社会党は「社会主義の国家が 人権侵害はしない、家出家族が反共勢力・政府に利用されているのだとの立場をとりました。
今の社民党・共産党の低迷と民主党の拉致団体への献金など 左翼陣営と言われる団体の「人権感覚」が問われています。
このアニメの著作に問題が出るようなら 削除します。
posted by 小だぬき at 07:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに左翼は、この問題には甘い。でも、最初にサンケイ新聞の記者と一緒にめぐみさんのことを取り上げたのは、元共産党員の人だったんですよね。
それにしても、何の進展もない10年。国民の「選良」たちは、何を考えているのか?
所詮は、他人事なのか?
これがアメリカだったら、救出コマンド部隊送るか、ミサイル撃ち込んでますよ。
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2011年07月27日 21:47
ここ問題にかかわったため 離党させられたのが事実です。
本当に 理屈抜きに行動する時って 外交ではあるはずですね。
Posted by 小だぬき at 2011年07月28日 05:18
交通事故で脳挫傷による後遺症と闘い20年を過ぎましたが今回、申請して4ヶ月後に障害者たる高次脳機能障害者に認定されました事をおもしろい写真記事とイラスト記事にしてみました。
Posted by 智太郎 at 2011年07月28日 13:57
智太郎さん、大変な所 ご訪問いただきありがとうございます。
ムリだけはしないでくださいね。
Posted by 小だぬき at 2011年07月28日 18:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト