2012年01月03日

香山さんの指摘と主治医の言葉

私は、元旦と今日アップした香山さんの指摘と同じことを 主治医から指摘され続けていました。

自己評価が低い、完全主義、理想が高すぎる、納得できるまで調べる などなどで、自己評価を上げなさい ほどほどを学びなさい、専門以外は専門家に任せなさい、と。

もともとは 中学校・高校の教員免許「政治社会」を大学で専攻し、通信教育で小学校免許をとり 小学校教諭を32年し 鬱2級診断をされたのですが、未だに 主治医の注意が守り切れていません。

思考の負荷をさけるために 私の考えていることに近い 専門家や新聞コラム、社説を紹介しています。

選択の責任は 小だぬきで 今の小だぬきの思考や考えに近い物を 紹介しています。

現職のころから 専門外のことは 専門家や前例に従えば うつを拗らせることもなかったのですが、教職現場は なかなか比較検討や先例を破る時間的ゆとりがないのに 性格上 納得できるまでつきつめて考えないと先に進めない カメでした。

正直、組合活動とも両立が難しく 発症前は 殆ど 職場で精一杯の状況でした。

皆さんの中にも 香山氏の指摘にうなづく人も多いと思います。

知らず知らずに 「完全」を目指す思考にとらわれてしまうのです・・・。

今 療養していて 各新聞や情報の中から 選択し紹介することだけでも アップアップの状態が続いています。

訪問してくださる方には おしつけに近いと思いますが、今の私の思いが選ばせた記事と お許しいただければと勝手ながら思います。

ブログのコメントで「死ね死ね・・・・」「自殺しろ・・・・」などと理由も述べず 書き込む方がいらっしゃいますが 無視できるようになっただけでも 療養・投薬の成果と思う今日この頃です。

遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。
posted by 小だぬき at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック