2012年01月28日

近事片々:超論理的理屈

近事片々:超論理的理屈
毎日新聞 2012年1月27日 14時07分

今、学校では「ディベート」に力を入れる。詭弁(きべん)を学ぶのではない。

論理立った思考と相手を納得させる表現の力。

当然、言論の府国会は子供たちに最高の模範、議員は先生。
    ◇    ◇

 さて。「衆院議員任期中に消費税は上げないのだから、公約違反ではない」。野田先生のこの超論理的理屈、何と子供たちに説こう。

学校では、約束を破ったりしたらまず素直に謝りましょう、とも教えている。

    ◇    ◇
 あれれ、はここにも。郵政見直しめぐり、「議員バッジを外すぐらいの気概を」と、かの鳩山先生が説く。
    ◇    ◇
 <貧かこつ隣同士の寒鴉(かんがらす)>
          正岡子規

posted by 小だぬき at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック