2012年03月13日

処分するなら「学校長」「教頭」ではないのか!!

下記の記事を読んで 和泉高校の管理職こそ、君が代斉唱府教委職務命令違反で 処分すべきではないかと思いました。

卒業式を主催する学校の管理職が 自分の部下教職員の監視に当たる異常、どう自らが「斉唱」しながら 職員の口元の確認をするのか・・・・。

式場の配置がどうなっていたかは不明ですが、卒業生の晴れの卒業式の舞台で 生徒の顔を見るのではなく、職員の口元をみていることに 管理職らは異常とは思わないのだろうか・・・。
また、自ら斉唱をしながら 職員の口元を見ることが可能なのか??  もし可能としても 卒業生より部下教職員の監視にあたる管理職は、教育公務員としての適格性に問題はないだろうか??


正直、私が現職の頃、教員として自信のないものが管理職試験を受ける。現場の状況より教育委員会に軸足を置いている日和見、などという「問題管理職」追求を 現場では考えざる得ないご仁が多かったのです。

教職員からも児童・生徒からも人間的・教育者として尊敬される管理職が 年々少なくなっているようです。


和泉高校の中原徹校長、あなたは 卒業式の時 教育者でしたか??  
それとも行政の末端管理職だったのですか??


************************************
<君が代斉唱>歌っているか口の動きチェック…大阪の府立高校

毎日新聞 3月13日(火)11時30分配信

 大阪府立和泉高校(岸和田市)で2日に実施された卒業式の君が代斉唱の際、学校側が教職員の起立だけでなく、実際に歌っているかどうかを口の動きでチェックしていたことが分かった。

式典終了後の事実確認で、1人が起立しただけで歌わなかったと認めたため、府教委が処分を検討している。

同校の中原徹校長は橋下徹・大阪市長の友人で弁護士
。同市長が府知事時代の10年4月に民間人校長として採用された。

 府教委などによると、式には教職員約60人が出席。
府教委が事前に全校長に出した「起立斉唱を目視で確認」との指示を受け、教頭らが起立状況に加えて、口の動きをチェックした
全員が起立していたが、このうち3人について口が動いていないと判断し、1人が歌わなかったことを認めたという。

 府教委は1月、府立学校の全教職員に起立斉唱を求める職務命令を出し、2月にあった卒業式で起立しなかったとして今月9日、17人を戒告(懲戒処分)とした。

 中原校長は13日更新した自身のブログで、府教委から「明らかに歌っていない教職員をチェックしてくれればよいとの指示を得た」とし「府教育委員会からの職務命令・指示を順守した」と主張。

歌わなかったことを認めた教職員は「次回からはちゃんと歌う」と謝罪したとしている。

 橋下大阪市長は13日、記者団に「起立斉唱の職務命令が出ているのだから、口元を見るのは当たり前で素晴らしいマネジメント」と述べた。【田中博子、茶谷亮】

posted by 小だぬき at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恐ろしい話です。北朝鮮となんら変わらない話です。
Posted by unknown at 2012年03月13日 22:39
何か教育の本質からずれた調査です。いくら府教委からの指示があっても口元まで監視する異常さは「北朝鮮」の弾圧体制と変わりませんね。絶対に維新の会の国会進出は阻止したいものです。これでは日常に信頼関係をもてといわれてもムリですね。
Posted by 小だぬき at 2012年03月14日 07:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト