2012年03月16日

<就職内定率>過去3番目の低率 心身のケア急務

小だぬき→私の時は、民間は野村証券と岡三証券、トヨタ自工を受けました。
野村証券は 社長が同窓生と就職課で紹介を受けて受験したのですが、出身大学別の控室と待遇の違いに呆れて退席しました。

2社の内定を確保して、国家公務員1種と川崎市社会科教員を受験し 試験は通ったものの採用なし。試験合格=採用との勘違い・世間知らずで 浪人。

卒業後 明星大学通信教育で綱渡りの「小学校免許」習得。
埼玉県と川崎市の小学校採用名簿に載りながら、3月の免許申請までヒヤヒヤの単位修得。
その時は、試験官に恵まれ 「埼玉には公的夜間中学がないのはおかしい」と言い、服装もチェックの背広とピンクシャツの私を ユニークとプラスに評価してくれ、採用打診が早かった埼玉県の教員になりました。
初任地は所沢で ちょうど西武球場建設でトトロの森伐採反対の真っ最中。

着任と同時に「組合加入届」。執行部から試用期間終了後でいいよの声に「組合は組合員を守ってくれますよね」で 今までと違う 52年度採用組といわれました。
当時 4.17ストの家宅捜査・逮捕・委員長逮捕送検後の組合脱退が大量にでた後だったので、
当時の所沢採用組の半数以上が 晴れて「日教組加入埼玉県教組」の組合加入をしたものですから当時の執行部の驚きの顔を思いだします。

民間がだめなら 試験での採用を目指してもいいのでは・・・と 思う所です。
ちなみに 行政書士・宅地建物取引主任者の資格を習得していたのですが、採用にあたっては何の効果もありませんでした。

今の学生は 受験資格が中学程度の自衛隊「任期制の士」の採用試験にも大学卒が受ける時代になったようで 健闘を祈る気持ちです。


********************

<就職内定率>過去3番目の低率 心身のケア急務
毎日新聞 3月16日(金)12時42分配信

 今春卒業予定の大学生の就職内定率(2月1日現在)は80.5%と、過去3番目に低い数値となった。就職先が決まらぬ4年生からは後悔や落胆の声が上がる。追い詰められる学生を救おうと、大学も対策に乗り出している。【遠藤拓】

 3月に入り、最終盤を迎えた大学4年生の就職活動。13、14日に東京都内で開かれた合同就職説明会「就職博2013」(学情主催)には、3年生らを含めて約2300人が参加。3割程度が4年生とみられ、4月から新社会人となることを目指して駆け回った。

 「3月いっぱいは全力で就職先を探すつもり」と話す大妻女子大の女子学生(22)は疲れた表情。
約80社受けたが内定はない。「えり好みせず、もっとたくさん受けておけばよかった」と後悔をにじませた。
就職先が決まらなければ、卒業後に就職に有利な資格を取って再挑戦するつもりだ。

 帝京大の男子学生(22)も50社受けたが内定はまだ。
連敗して落ち込み、くよくよすることが多くなった」と打ち明ける。決まらなければ、4月からはアルバイトをしながら活動を続けるという。

    ◇    

 厳しい就職事情が続く中、筑波大のキャリア支援室は09年度に初めて就職相談専任担当を1人置き、昨年度はさらに5人増員した。相談件数は年間延べ2000件にも。「いくら頑張っても内定を取れない」「卒業か就職留年で迷っている」といった声が相次ぐ。

 富山大も10年度に「学生なんでも相談窓口」を新設。内定が取れず「大学に行く気力がなくなった」「眠れなくなった」という相談が寄せられるという。

担当の八島不二彦心理士は「就活は大きな壁。3、4年生の大半は悩んでいると感じる。就職難に拍車がかかると心身の負担も大きくなる」といい、じっくり話を聴きながら学生の心のケアに努めている。

 筑波大保健管理センターの杉江征准教授は「就活は全人格を評価するものでない。不採用が続いても『自分は価値がない』と思わないで」と呼び掛けている。
posted by 小だぬき at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト