2012年03月20日

香山リカのココロの万華鏡:よりそいホットライン

香山リカのココロの万華鏡:よりそいホットライン 
毎日新聞 2012年3月20日 東京地方版

精神科の診察室で行われることは、「心のケア」だけではない。

とくに最近は、うつ症状や不眠の背景に「仕事」「お金」「暴力被害」など具体的な問題が隠れていることが多く、そういう場合はほかの専門家の手も借りなければならない。

私もいつも「相談窓口リスト」を持っていて、「ここの福祉課に電話して」「女性センターで相談しましょう、曜日は……」と必要に応じて紹介する。診療というより、「窓口あっせん所」という感じだ。


 そんな私に、また心強い味方ができた。これまで大震災の被災3県で暮らしの悩み相談を一括して電話で受けてきた「よりそいホットライン」が、全国規模に拡大されることになったのだ。とりあえず3月末までは24時間、電話相談を受け付けるという。


 このホットラインの最大の特徴は、「悩みのテーマは問いません」とうたっていることだ。
生活や仕事のこと、家庭内の暴力や同性愛に関すること、「生きていたくない」といった心の相談、なんでもオーケーということになっている。
しかも、外国語による相談も受け付けるという。もちろん、若い人、高齢者など年齢の制限もない。


 これは相談するほうにとっては、何よりありがたい。

悩んでいる人の最大の悩みは、まず「どこに相談に行ってよいかわからない」ということだと思う。
また、悩みの項目ごとに別の専門家や窓口を尋ねなければならず、そこで「それはウチの担当ではないです」と断られたりたらい回しにされることもある。

そうなると、ただでさえ気持ちが落ち込んでいる人たちは、「もういいです」と相談そのものをあきらめてしまいかねない。


 もちろん「よりそいホットライン」の電話の受け手もすべての問題に精通しているわけではないだろうから、一度で適切なアドバイスができるかどうかはわからない。

ただ「どこに相談してよいのやら」と途方に暮れる人にとっては、「まずはここに」

という電話先ができただけでもどれだけ心強いことか。

 ただ、心配なのは受け手たちが24時間態勢でさまざまな相談を受け続け、すり減って倒れてしまわないか、ということだ。

社会全体でこの画期的な取り組みをバックアップしたい。

私は、診察室に来る人に、あまりにすぐに「あ、それは“よりそいホットライン”に相談してみては?」と言いすぎないようにしなければ。

実はもう、何人もの患者さんに番号を教えてしまった。コールセンターのみなさん、仕事を増やしてごめんなさい。でも、期待してます!

posted by 小だぬき at 13:22| Comment(2) | TrackBack(0) | うつ病について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小だぬきのおじちゃん。前にも訊いたけど、そのまんま記事をブログにするのは、ヘンだよ。一言でも良いから、おじちゃんの感想を入れないと、ルール違反な気がする。どう思われますか?
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2012年03月20日 17:18
私は ブログというのは 自分の日記、記録と思っています。
心身の状態が悪い時に 今日は「こんなことに感心を持てたのか」「共鳴できたのか」で
著作者や引用記事を明示して紹介しています。
それを読んでいただいた方が 何かの参考になれば幸いだと思っています。
歩三の安藤大尉に気にしていただくのは嬉しいのですが、そこまで応援していただくとちょっと精神衛生上 ご遠慮頂きたいと思います。
Posted by 小だぬき at 2012年03月20日 18:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト