2012年03月21日

度を越すと矢はあらぬ方へ

度を越すと矢はあらぬ方へ
2012年3月21日  東京新聞 私説・論説室から(谷政幸)

毎週末、弓道場に通うようになって一年がたつ。


 初体験の格式張った伝統武芸。ちょっとしたはずみで仲間に加えてもらった。


 しきたりはなにかとやかましく、いい年をして、にらまれたり、叱られてばっかりでも、たまに矢の的中する快感がこたえられず、飽きずに続いている。


 稽古始めには弓の心得を合唱する。告白するが、厄介な丸暗記より壁に掲げられた字面を目で追うのが常で、見回せば自分だけ“くちパク”だったり。後ろめたいことこの上ない。

 が、誰かにとがめられたことはない。言っても無駄とみられているか、払う敬意に偽りなきことが理解されているか。いずれにせよ「大人の関係」が潤滑油になって場の平穏を保つ。


 そんなおおらかで自由な立場からすると、とても気の毒に思えてしまうのが大阪の学校の先生たちだ。


 報道によれば、府立高校の卒業式で「君が代」を歌っているのかどうか、校長に口元を監視されていたそうである。


 口はちゃんと動いているか、ただパクパクしているだけか、それをいい年した大人同士が、チェックし、されるなんて…。造反先生どころか、まともに歌っていた順法先生だって気分が良かろうはずはない。


 市職員の思想調査でも指弾された橋下徹大阪市長に重ねる、弓の教えを一つ。


 余計な力や度を越す雑念が入ると矢はあらぬ方向へ飛んでいく。

posted by 小だぬき at 08:51| Comment(10) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「クチパク」が何故いけないか。それは「礼」を失しているからです。
小だぬきのおじちゃんは、橋下さんのことになると、頭に血が上るみたいだね。
そのまま、プッツン、逝っちゃったりして。
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2012年03月21日 20:24
私は 「口パク」を擁護しているわけではありません。
学校の管理職が 式典で 在校生に温かい目を向けないで、職員の管理・監督をすることが異常だといっているのです。
橋下氏の言い方を借りると「公務員はだれのための奉仕者か」ということです。
彼の手法は「黒でも白」にしようとする悪徳弁護士手法です。私は 彼の存在を重視しているからこそ、間違わないで欲しいのです。
Posted by 小だぬき at 2012年03月22日 03:05
「口パク」を擁護しているわけではありません。-じゃ、国歌をきちんと歌う事を是としてる訳ですね。
「学校の管理職が 式典で 在校生に温かい目を向けないで・・」−ほうら、またこういう善人ぶったことを言う。「暖かい目」も管理義務も両方必要だと思いませんか?管理監督権が学校にあることは「異常」ですか?
おじちゃんの考えの彼方にあるのが、「荒れる成人式」なんだよ。
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2012年03月22日 23:30
では、管理職は国歌を歌うより 職員の監視が大切ですか?? 
口ぱくでも きちんと起立し 式典妨害行為などは 該当教員はしていませんよ。
あなたの論調では、管理職は国歌より管理監督権が優先するということですか??

荒れる成人式は、一部の若者のモラルハザートで 国歌の問題とは別な視点が必要ですね。許容する 親の問題と考えています。
Posted by 小だぬき at 2012年03月23日 07:19
小だぬきのおじさんて、バカだね。どちらか一つじゃない、斉唱しつつ、監督する、ということですよ。優先順の問題ではない。
荒れる成人式を例に出したのは、監督権の問題を言いたかったからです。
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2012年03月23日 15:21
随分 無茶苦茶な論ですね。私は国歌斉唱時は 国歌斉唱を雑念なく歌うべきで 監督権と両立はできないし、してはならないと思います。あなたは真剣に国歌を歌ってみてください。他のことと斉唱は 同時にできますか?? あなたこそ 論理矛盾になっている。
社会生活や組織活動がないようですね。
国民の一人として国歌は心から歌える国にしたいものです。けっして何かの手段ではありませんから。
Posted by 小だぬき at 2012年03月23日 17:50
じゃ、監督係の先生と、その他の先生と分ければ良いじゃないですか。
いずれにしても、斉唱の監督権は学校にある。それを公務員がどーだこーだ、と言う方がおかしい。
もうさ、障害2級なんだから、こういう社会問題にクビつっこむの、やめたら?全然「うつ病ブログ」になってないじゃん。
てーと、どーせ「ブログは記録だから」、とかいうんだろ?
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2012年03月23日 20:55
大阪府教委が 良識を持って 口パクの教員を処分せずの判断をしました。監督係は国歌斉唱せずでいいということですか??
1年間の学校の運営の集大成が式典です。管理監督の上位下達で教育活動はできません。
うつという病気を 何度もいうように誤解されているらしい。うつ病者は 拘りや自分の納得ができないものに妥協できなくなるのです。
だから あなたの失礼なコメントにも「受信拒否」設定ができずに応じているのです。
あなたの「うつ病」感も 偏見と差別ですね。社会・政治にアクセスしてくれる人にも失礼です。
Posted by 小だぬき at 2012年03月24日 05:21
受信拒否設定しなよ。
もう、これ以上の議論は不毛だ。
じゃね。
バイバイ。
Posted by 歩三の安藤大尉 at 2012年03月24日 14:54
私も不毛だと思います。まず 歩三の安藤大尉は 自分の考えがないように思うのです。

私は議論をあなたとしている気はありませんでした。まるで 一貫性がないからです。
理論と理論、思想と思想にはならずに、一方的な誹謗中傷に対して、私の考え方を述べるだけでした。私の心を消耗しただけのように感じます。物事を見る視点と譲れない人権の考えで 建設的な「議論」を望んだのが間違いだったようです。今少し「歴史」「政治学」「人間の多様性」「相対的な判断」がなされるように 若いのでしたら「学習」して欲しいです。 
Posted by 小だぬき at 2012年03月24日 18:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト