2012年04月12日

働くおれ達の世の中が きっときっと来るさそのうちに 



山谷ブルース
   岡林信康 作詞/作曲


1.今日の仕事はつらかった  
あとは焼酎をあおるだけ
どうせどうせ山谷のドヤ住まい  
他にやることありゃしねえ


2.一人酒場で飲む酒に  
かえらぬ昔がなつかしい
泣いてないてみたってなんになる  
今じゃ山谷がふるさとよ


3.工事終わればそれっきり  
お払い箱のおれ達さ
いいさいいさ山谷の立ちん坊  
世間うらんで何になる


4.人は山谷を悪く言う  
だけどおれ達いなくなりゃ
ビルもビルも道路も出来やしねえ  
誰も分かっちゃくれねえか


5.だけどおれ達や泣かないぜ  
働くおれ達の世の中が
きっときっと来るさそのうちに  
その日は泣こうぜうれし泣き


************************
わたしの青春時代は、5番の歌詞を 本気で信じたものです。
「民主党」に幻想をもったのも 希望を取り戻したい一心でした。

posted by 小だぬき at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト