2012年05月03日

現憲法の理念を実現するのが先では・・・

今日は「憲法記念日」です。各党の談話で おおよその考え方がわかります。

この「日本国憲法」の基本的な考え方は、アメリカ占領軍が「起案」したのは 事実でしょう。
ただ 法学部の「憲法」学習では、成立過程での国会討論が紹介されます。

日本共産党の野坂参三衆議院議員(後 委員長→議長→名誉議長→除名)の九条の反対討論です。

野坂氏は 制定時から 主権国家・独立国家として 「国防軍」が持てない条項はおかしい、反対である。と主張した唯一の議員です。

それに対して 
時の政府は 占領軍に盲従し「この憲法は 平和のためにも是非必要だし、我が国は前文にあるような理想を追求する国家になる」と 共産党の「自衛軍」は必要との議論に反対しました。

それが どうでしょう・・・・。
占領軍の無軍備政策から東西冷戦に合わせたような再軍備を 警察予備隊→保安隊→自衛隊と 憲法の解釈改憲で 今まできています。

9条以外も 与党は 言葉だけ「自主憲法制定」といいながら、自国の憲法の内実化を怠りました。

政権与党の都合によって 「現憲法では・・・」「米国の押し付け」と 態度の一貫性がありません。

下記の「民主党」「自民党」の現・旧政権与党の談話そのものが、内実のある憲法にすると同時に 必要があれば改憲の議論はきちんとするとなっていないに等しいのです。

むしろ左翼政党と言われる 共産党・社民党に護憲思想が ハッキリあらわれていることに注目です。

憲法にかんしては、共産党・社民党・自民党保守派の主張が理にかなっています。

みんなの党の改悪案では 一歩間違えれば「大政翼賛会」「独裁」「戦争」の路につながりかねない危険を覚えます。


*********************** **********
憲法記念日 各党が談話

2012年5月3日11時13分  朝日デジタル

 憲法記念日にあたり、各党は3日付で談話を発表した。


 民主党は前原誠司政調会長が「現行憲法に改める点があれば改めるべきだ」と改憲の必要性を表明。
東日本大震災への対応の反省から、緊急時の人権保障、危機管理、国と地方の協力の3点を挙げ、「憲法論議を豊富化させるべき課題が提起されている」とした。


 自民党の谷垣禎一総裁は「国民、領土、主権を守る姿勢を明確にするためにも、自主憲法制定に向けた取り組みを加速させる」と改憲への決意を鮮明にした。

 公明党は「現憲法は優れた憲法」と評価しつつ、環境権や人権の拡大を付け加える「加憲」が「最も現実的で妥当」とした。


 共産党は市田忠義書記局長が「政府・国会が憲法の諸原則にのっとって被災者・避難者の生活再建、国民生活の向上に力をつくさなくてはならない」。

 社民党も「震災復興、原発事故収束、国民生活の再建に全力をあげ、憲法の理念を生かした政治の実現をめざす」と表明。

 みんなの党の渡辺喜美代表は「首相公選制、一院制国会、地域主権型道州制、国民投票法制などの改正が必要だ」と主張した。


 国民新党は「震災により、緊急時に国民の生命、安全を守る条項の必要性が明らかになった」。
 
 新党改革は舛添要一代表が「国民と共に憲法改正論議を進めていく」とした。

posted by 小だぬき at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト