2012年05月09日

小沢一郎氏を「指定弁護士」控訴とは、司法の信頼崩壊の一歩

検察審査会の適法性すら疑問なのに、今日「指定弁護士」が 控訴の方針を記者会見でしました。

自民党・公明党の 小沢氏国会証人喚問要求は 筋違いであることは明らかです。

 本当に証人喚問が必要なのは、
東京地検特捜部の捜査の端緒と不起訴にした経過と
検察審査会が本当に委員を選任して どのような審査をしたのかを問うべきです。
日本の暗黒」と歴史評価が下されるような政治家失脚のみを狙う控訴方針です。
 高等裁判所は「控
訴棄却」が 司法の信頼のためにも大切だと思います



2012/03/23  有田芳生
東京地検による謀略の構図ーー小沢一郎裁判への疑惑   

3月23日(金)昨日の法務委員会での質問は〈歴史的危機にある検察の構造的問題点−「小沢一郎裁判」にもふれてー〉というテーマにした。
質問準備をしていて大きな発見が-あった。田代弘政・東京地検検事(現在は新潟地検)が作成した偽造捜査報告書の重大な役割である。
しかし、進行中の裁判について法務大臣は答えられない。
ならば検察の問題-を指摘するなかで、自説を語るしかない。
そう判断した。田代検事が石川知裕議員を任意で取り調べたのは、平成22年5月17日。
そこにはこんな文言がある。「ヤクザの手下-が親分を守るためにウソをつくのと同じ」。ここでいう「手下」とは石川議員、「親分」が小沢一郎元代表だ。

ところがこの論理が東京第5検察審査会でも使われている。

審査補-助員を務めた弁護士が審査員に説明した内容は次のような内容だ。「暴力団や政治家という違いは考えずに上下関係で判断してください」。
かくして小沢一郎元代表の強制起訴が-決まり、議決書のなかでも田代検事作成の偽造捜査報告書が引用されている。

さらに小沢元代表に禁固3年を言い渡した指定弁護士による論告求刑では、暴力団組長の銃刀法違反-事件(最高裁判決)が「共謀」論の根拠とされている。

つまり小沢一郎元代表を強制起訴し、論告求刑に導いた原点が、田代検事の作成した偽造捜査報告書だったのである。

共-謀」論で過激派や暴力団などと政治家を同列に置くことは刑事司法の常識を逸脱していることは、郷原信郎さんが指摘しているとおりだ。

「田代検事の取調べは、個人的なもので-はなく、組織的なものであったとも疑われる」と田代検事の捜査報告書などを証拠採用しなかった東京地裁決定は書いた。

つまり小沢一郎元代表を起訴できなかった東京地検一部-幹部が、田代検事に偽造捜査報告書を書かせ、それが検察審査会による強制起訴につながったという構図である。
なお田代検事は小沢裁判に証人として出廷し、こう語った。「当-時は、その危険性を自覚していなかったが、録音されているとわかっていれば、このような取調べはしなかった」。

取調べが可視化されていたなら偽造などできなかったというの-である。

小沢一郎裁判は、東京地検の一部幹部によって仕組まれたものである可能性が高い。法務委員会での質問を準備していてそう判断せざるをえなかった。 http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2012/03/post_2964.htmlより転載。
 ※※ちなみに、参議院のサイトでは2012年3月22日(木)法務委員会 約4時間39分となっているのだが、日付が・・・?
posted by 小だぬき at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト