2012年05月11日

良心を無くしたマスコミ・識者の大衆迎合??

今日は マスコミや識者のおかしさについて考えました。

<芸能>

・私には 苦手な分野ですが 芸能マスコミのゴシップやプライベート暴露報道には いささかついていけないのです。

◎本来は「芸術」「芸能」の評論や紹介が主だと思うのです。私などは、コンサートにいっても その楽団の特徴や編曲、活動紹介などが知りたいのに、週刊誌などでは皆無に等しい・・・。他の楽団との比較で 違う思い・曲に感じるのはなぜか??などがしりたいのに。

◎芸能界報道もそうです。その役者さんや歌手などの特徴や活動、見て欲しい演技や聞いて欲しい曲のアピール点を 知りたいのに、見出しで目立つのが プライバシーの侵害やゴシップ、その人の収入だけという有様。

◎マスコミが低俗なのか 事務所の方針か知りませんが、私生活と芸は別だと思うのはわたしだけでしょうか・・・。

<政治・時事>

・小沢一郎氏の報道などは まさしく「魔女狩り」「名誉棄損」ではないでしょうか。

◎この事件のそもそもが「検察の小沢つぶし」「検察審査会の闇」に起因するのですが、さも人民裁判のごとく 有罪への世論誘導をしたのが 週刊誌・TV・新聞などのマスコミです。
事実を丹念に調査して報道するのではなく「4億円の資金」「各不動産保有」「家庭・支持議員の資質」などと ことさら 不景気で生活に四苦八苦している私達の情緒に訴えて 「有罪だ」「小沢は悪だ」などとの刷り込みをしました。

◎小沢氏の判決文を読むまでもなく、訴因がいつの間にか変更されていたり 勇気ある!!識者が指摘している 法違反はない との主張などは 無視されています。

◎検察捜査の問題点や検察審査会の闇、秘書1審での「裁判官心証、証拠なし」の有罪判決の問題点などの報道は 少ない。

◎今もっとも危険だと思うのは、一部TV報道がしている「公開捜査」の手法です。
たとえ指名手配犯でも「裁判で有罪が確定するまでは 推定無罪」が原則なのに、警視庁の捜査資料を元に マスコミが「人民裁判、逮捕」の先頭に立つ。使い方を誤れば、反対派弾圧の手段になってしまうものです。
問題にすべきは なぜ警察が逮捕できないか、捜査に問題はなかったかの検証です。効率化・科学捜査の名による 地域の最前線の交番・派出所の統廃合が 地域との関係を疎遠にし 重要犯罪の検挙率の大幅な低下をまねいていたり冤罪をうんでいるのでしょう。

◎いつも不思議に感じるのは、専門家でないアナウンサーや芸能人、現役を退いているマスコミ関係者に 感想や意見を述べさせるのかという点です。
この人達が 捜査方針を誤らせたり、冤罪をうんだ場合、どう責任をとらせられるのか真剣に検討されていいと思います。

◎消費税論議にしてもそうです。デフレの脱却が先といいながら 増税・人員整理・非正規雇用・成長政策のなさ・法人課税の優遇、給与カットなどのデフレ深化の施策の検証や反対提言を無視して 「消費増税に反対するのは無責任」と変な論陣を張る 読売・朝日・産経新聞やメディア。
「嘘も重ねれば 事実になる」ような アジテーターのようです。

変だ、おかしい、どうして?の 素朴な疑問が 私たちの思考の武器であると思います。いったん自分の頭で考えて 納得できるのか・・・の習慣だけは忘れてはならないとの思いが日々つのります。

posted by 小だぬき at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト