2012年05月16日

憂楽帳:唯一の場所 (タワーの景観)

憂楽帳:唯一の場所
毎日新聞 05月16日 13時31分

東京スカイツリーが来週、開業する。高さ634メートルの世界一の自立式電波塔。

浅草周辺の景観を損ねると一部で建設に反対する声もあったが、東京の新観光名所としての期待は大きい。


 私が勤務する茨城県には、意外にも各分野で日本一の巨像がある。
大子町の大子地蔵尊、那珂市の一乗院毘沙門天、水戸市の埴輪(はにわ)像・はに丸タワー……。
牛久市の牛久大仏は青銅製大仏で世界一だ。高さ120メートル。奈良の大仏が手のひらに乗るほどの巨大さだ。


 緑豊かな地方都市にはやや違和感がある。
背後から体内へ。エレベーターで地上85メートルまで上がると、西側小窓脇にスカイツリー方面を示す真新しい案内板。富士山と並ぶ写真も掲示され、人気にちゃっかり便乗している感も。


 私の出身地・京都市の京都タワー(131メートル)は1964年の開業前、「景観を守るために東寺の塔より高い物は建てない」という不文律を破ると猛反対があった。

 だが私を含む一部の京都人はタワーからの眺望を好む。
なぜならそこは「京都で唯一、タワーが見えない場所」だからだ。
【堀井泰孝】

posted by 小だぬき at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト