2012年05月28日

過労社会 防げなかった死<中> 外食大手「うちだけじゃない」

過労社会 防げなかった死<中> 外食大手「うちだけじゃない
2012年5月27日 東京新聞朝刊

 「『過労死ライン』を超える時間外労働を認めているのは、うちだけではない」


 二〇一〇年八月の大阪高裁。大手居酒屋チェーン「大庄」(東京)が提出した資料には、他の外食大手十三社十八店で会社側が労働者と合意したとされる残業時間が列挙されていた。

月百三十五時間、百二十時間、百時間…。厚生労働省が過労死と関連が強いとする八十時間を上回る数字が並ぶ。


 吹上元康さん=当時(24)=は〇七年四月に同社に入った四カ月後、心機能不全のため死亡した。

労働基準監督署の労災認定は下りたが、両親は会社と取締役個人を相手取り裁判に持ち込んだ。
過剰な長時間労働を認めていた経営者の姿勢を正したかった。


 吹上さんは大津市の「日本海庄や石山駅店」に配属され、午前九時に出勤し午後十一時すぎまで働くのが常だった。
高裁は吹上さんの残業時間を、月七十八〜百二十九時間と認定した。


 自分より経験のあるアルバイトにも気を使い仕込み作業を率先してこなしていたと、同僚は法廷で証言した。

「八歳の時の作文で、『食堂屋になりたい』と書いた。

自分の店を持つ夢を抱いて入社したが、調理師免許を取る前に倒れてしまった」と、父了(さとる)さん(63)は悔やむ。


 吹上さんの店では当時、時間外労働の上限は百時間とされていた。

長時間労働を認めてきた責任を問われた大庄側の反論は率直だった。


 「外食産業界では、上限百時間の時間外労働を労使間で合意するのは一般的だ。他の業界でも、日本を代表する企業でも同様だ」


 過当競争の業界で、自社だけが「健康第一」でやっていては生き残れない。経営側の論理が透けて見えた。


 昨年五月の判決で、坂本倫城(みちき)裁判長は「長時間労働を認識できたのに放置し、改善策を何ら取らなかった」と、社長以下取締役四人に計約一億円の賠償を命じた一審判決を支持。経営者個人の責任をあらためて認めた。


 大庄の主張は日本の働き方を象徴している。

総務省の昨年の「労働力調査」によると、二十〜五十九歳の男女の一割強に当たる約五百三万人が「過労死ライン」を超えて働いている。

坂本裁判長は判決で「労働者の健康は何よりも守らなければならない」と繰り返し、警鐘を鳴らした。


 厳しい就職戦線をくぐり抜け、やっと内定をつかんだ若者が毎年、過労で倒れていく。
「判決は画期的だが、経営者が労働者の命と健康を守る自覚を持たなければ、事態は良くならない」。

三十七年にわたり過労死遺族からの相談を受けている水野幹男弁護士は、こう話す。


 吹上さんの裁判で大庄側は、判決を不服として上告した。

posted by 小だぬき at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト