2012年09月13日

【おまきが行く】橋下市長“コトバの魔力”に潜む危うさ

【おまきが行く】橋下市長“コトバの魔力”に潜む危うさ
2012.9.13     zakzak(夕刊フジ)

 芸能界より政界が慌ただしくなってきた。

 世の中を動かす辣腕の男たちも女性問題となると、かくも脆(もろ)いのか。
松下忠洋郵政改革・金融相の自殺。
自宅からは野田佳彦首相、藤村修官房長官、そして妻宛ての遺書が見つかったという。
そして、今週発売の週刊新潮には、女性問題のスキャンダルが…。

 同じように週刊誌で生い立ちや女性問題を暴露されても動じなかったのが「日本維新の会」を12日、結党する橋下徹大阪市長だ。
過去の浮気話ではさすがに平身低頭で、妻への詫びを何度も口にしたが、不思議と評判が落ちない。

 毎週、私が仕事で大阪に行くと、タクシーの運転手さんが口々に言う。
「ワシら難しいことわからへんけど、あの人は話がわかりやすい」

 「思い立ったらすぐ行動する。御堂筋もきれいになった」

 タレント弁護士として活躍していた頃には、よく早朝の飛行機で一緒になった。
「武藤さんも早いですね」と声をかけられた。
手にいっぱいの新聞の束をのぞくと、「これは僕の命綱ですから」と笑いながら、あっと言うまに駆け抜ける。

 番組ではメモを取るでもなく、相手のことを即座に理解して切り返す。如才ないのだ。

 同時に危うさを感じることもある。

 コトバの魔力というのか、熱くなってくると人の話を最後まで聞かないで、かぶせてくる。
あるいは、人の話をうまく引き取って自分の話にする。
大阪から国会議事堂に殴り込みをかけようという意気込みをひしひしと感じる。

 話術という点で言わせていただけば、今の自民も民主も、あと一押しが足りない。流ちょうなら良いというわけではない。
心に響かないのだ。

 かつて、小渕恵三、梶山静六、小泉純一郎の3氏で争われた自民党総裁選(98年7月)で、それぞれに独占直撃したことがある。
番組では栄養ドリンクを用意した。

 小泉さんは、「ありがとう」とスッと飲んだ。
小渕さんは訥弁ながら、私の風貌を見て、「銀座のクラブみたいだね」と微笑んで飲んだ。
梶山さんは、「こういうの嫌いなんだ。家内の出すものしか飲まない」と話し、取材時間に5分遅れたことにオカンムリだった。

 小渕さんの言葉には優しさが垣間見えた。

 ■武藤まき子 
中国放送(広島)アナウンサーを経て、フジテレビ「おはよう!ナイスディ」のリポーターに。
現在、フジの『情報プレゼンター とくダネ!』、関西テレビ『ハピくるっ!』に出演中。芸能、歌舞伎、皇室を主に担当する。
著書にリポーター人生を綴ったエッセイ『つたえびと』(扶桑社刊)

posted by 小だぬき at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック