2012年09月16日

反日デモ 突如暴徒化 北京 日本大使館前に1万人

反日デモ 突如暴徒化 北京 日本大使館前に1万人
2012年9月16日 東京新聞朝刊

 【北京=佐藤大】
尖閣諸島の国有化に抗議する反日デモは十五日、中国各地で激化した。
北京の日本大使館前には、尖閣諸島国有化に抗議して約一万人が押し寄せた。
秩序だって始まったデモは突然、暴走を始め、暴力的に変質した。


 最初のデモは午前八時半ごろに始まった。
「日本製品をボイコットし、レアアースの供給を停止しろ」「祖国の尊厳のために日本と開戦しろ」。
約百人がプラカードを掲げ、「日本人は釣魚島から出ていけ!」とシュプレヒコールを上げた。


 公安当局は早朝から大使館周辺に警戒態勢を敷き、デモを統制しようとした。
デモ隊も当初は当局の指示に従い、グループ順に比較的整然と抗議の声を上げていた。


 雰囲気が一変したのは午前九時半ごろ。
十番目ぐらいのデモ隊の一部が、大使館にペットボトルや野菜、石などを投げ始めた。
十〜二十代の若い男が中心。
最前列の男たちは大使館に突入しようと、大声を上げながら警官隊と激しく衝突した。
いったんデモを終えたグループも加わり、みるみる人があふれる。
片道三車線の道路全体が約四百メートルにわたってデモ隊と見物にきた人々に占拠された。大使館正面の日本国旗は、投げられた物で汚されたため降ろされた


 警官隊がデモ隊に押され、大使館の敷地に迫ると、数百人の武装警察が投入された。
鉄製のバリケードが敷かれたが、一部はそれも壊して乗り越えようとする。
武装警官が引きずり出されて暴行を受ける場面もあり、ぐったりした武装警官の一人が仲間に助け出された。
取材エリアにいた報道陣にも物が投げ込まれ、隣にいた欧米の女性記者の顔にコーン標識が当たった。


 午後六時ごろ、テロ対策などにあたる特殊警察が投入され、デモ隊は追い出された。
大使館周辺は赤い中国国旗が埋め尽くし、中国国歌が何度も響いた。
日ごろの鬱憤(うっぷん)を晴らすかのように興奮した若者たちの横顔には、「愛国」だけではない背景があるように思えた。
「愛国」を免罪符に一気に暴徒化する恐ろしさを感じた。


 インターネットでは、各地で暴徒化したデモ参加者が略奪物を自慢する書き込みがある一方、「犯罪行為だ」「中国の恥だ」との批判も上がっている


 十六日と、満州事変の発端となった一九三一年の柳条湖事件から八十一年にあたる十八日も、数十都市でデモが呼び掛けられており、反日活動はさらに激しくなりそうだ。

posted by 小だぬき at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

ほんとにねぇ・・・
関係ない人達を巻きこんで
極端な話、戦争になってもおかしくないよねぇ・・・

地球は誰のものでもないのに・・
島の奪い合いなんてねぇ・・・
Posted by Boo at 2012年09月17日 14:23
暴動になる、強盗などもおこる。その機会を利用して生活物資を調達なんていう人もいるだろうし・・・。
どこまで中国共産党が 許容するかが問題です。暴動を収める力がないとなると 世界から見下されるし、局地戦を自衛隊とやりまけたら もう共産党政権の崩壊になります。
漁業権と海底資源の問題なのだから 冷静に対応した方が勝ちです。ベトナム・フィリピン・インドネシアは 軍事挑発には毅然と対応しています。
Posted by 小だぬき at 2012年09月17日 15:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト