2012年09月22日

詩人まど・みちおさんの『わからんちゃん』から

詩人まど・みちおさんの『わからんちゃん』から
2012年9月21日   東京新聞「筆洗」

<なんにもわからん/わからんちゃんが いてね/おしごと はじめた/とんかち スパナ/トンテンカン チンプンカン トンチンカン>。

詩人まど・みちおさんの『わからんちゃん』は、とにかく愉快な詩だ

<みんなが わらった/わらったっても へいき/まいにち まいつき/まいねん しごと/トンテンカン チンプンカン トンチンカン>

音読すると、言葉が口の中で弾み出すようだ

▼読んでいて心がまるで弾まないのは、米軍の新型輸送機オスプレイの沖縄配備をめぐる記事だ。
日米が安全確保策で合意し、日本政府が「運用の安全性は十分確認された」と安全宣言した

▼事故が相次ぎ、米国内では住民の反対で一部の訓練計画が中止された。

米国は事故原因を「人的要因が大きい」と説明、日本政府はこれを鵜呑(うの)みにして安全だと胸を張る。
沖縄県の仲井真弘多(なかいまひろかず)知事が「トラブルは人のミスで発生するから大丈夫と言うなら、かなりトンチンカン」と言っていたが、まったくその通りだ

▼『わからんちゃん』は続く。
<そのうち できたよ/わからんものが できた/わからんちゃんたら/ひらりと のった><みなさん さよなら/つきまで いってきます/ふるるん るんるんるん/よぞらに きえた>

▼わからんものが日本中の空を飛び回るなんて、トンテンカン チンプンカン トンチンカン。
posted by 小だぬき at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト