2012年09月23日

失速が始まった 橋下新党 支持率2%に真っ青

失速が始まった 橋下新党 支持率2%に真っ青

2012年9月23日(日)10時0分配信 日刊ゲンダイ

<9日の公開討論が致命傷>

 橋下徹が真っ青になっているらしい。
予想外に支持率が低迷しているからだ。


 朝日新聞の調査では、政党支持率は〈民主16%、自民15%、維新3%〉。衆院比例区の投票先も〈自民23%、民主15%、維新5%〉という低さだ。
読売の調査でも、支持率は〈自民21%、民主15%、維新2%〉。
投票先は〈自民31%、維新16%、民主14%〉だった。
投票先では、地元「近畿」でも自民党にトップを奪われている。


 とうとう、ネットの質問サイト「ヤフー知恵袋」に「日本維新の会は早くも失速でしょうか?」という質問が寄せられる始末だ。

「やはり9日の公開討論会が致命傷でした。
維新の会に鞍替えする7人の国会議員などと討論会をやったが、彼らは『大賛成!』『おっしゃるとおり!』と橋下を絶賛するだけ。
さすがに、あれでは国民はシラけるし、橋下新党の底が割れた。

しかも、衆院選の目玉候補は、
そのまんま東のようなB級ばかりです。
この先、候補者が具体的に決まれば決まるほど、支持を失っていくはずです」(維新の会事情通)


 追い打ちをかけるように、橋下新党を支えてきたブレーンが、一斉に“離反”しつつある。

 これまで「維新の会」の政策は、“脱藩官僚”の古賀茂明氏(経産省)、原英史氏(経産省)、高橋洋一氏(財務省)の3人が知恵袋となってつくってきた。
ところが、橋下新党に愛想を尽かし、近々“集団離脱”するとみられているのだ。


 もし、3人の頭脳に見放されたら維新の会は終わりだ

「3人は維新の会の“変節にかなり違和感を持っているようです。

『脱原発』のエネルギー戦略会議が中止になってしまったことも大きい。
消費増税についても、橋下市長は『決まったことは受け入れる』と容認してしまった。

なにより、最近の維新は、安倍晋三にラブコールを送ったり、改憲に熱心だったりと、改革派の“第三極”というより、“第2自民党”のようになっている
さすがに、政策づくりに熱心な3人はついていけないでしょう」(霞が関関係者)


 もともと、3人は「みんなの党」のブレーンだったこともあって、橋下新党とみんなの党が、ケンカ別れしたのをキッカケに、みんなの党にシフトするだろうとみられていた。
19日も、「みんなの党」が開いた勉強会に3人そろって参加している。


「橋下市長は、支持率が低迷しているうえに、頼りにしていたブレーンが距離を置きはじめたことで焦りまくっています。
19日も、唐突に『大飯原発を止められるかどうかが試金石だ』と、一度は再稼働を容認したくせに脱原発を訴えたり、企業献金を受け取らないことを表明して『絶対に自民党にはできないことだ』と叫んでいる。
なんでもいいから、
とにかく国民受けのすることを訴えようということでしょう」(政界事情通)

 もともと維新の会は、民主党と自民党があまりにヒドイから伸びてきた勢力。
実績や中身があるわけじゃない。いよいよ、橋下新党のバケの皮がはげてきた。

(日刊ゲンダイ2012年9月20日掲載)
posted by 小だぬき at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト