2012年10月19日

発信箱:報道されない「示談」=大治朋子(外信部)

発信箱:報道されない「示談」=大治朋子(外信部)
毎日新聞 2012年07月03日 00時24分

 沖縄に暮らして実感したのは、米兵らによる犯罪の多さだ。


 沖縄県警が昨年1年間に摘発した米軍人・軍属らの刑法犯件数は42件。前年比で約4割減、過去10年で最少というが、それでも1カ月に3.5件、10日に1回のペースで起きている。


 例えば2月に起きた器物損壊事件。酒に酔った海兵隊員が、金武町の学校などに駐車されていた車11台を破壊した。


 驚いたのは、その後の「示談交渉」。
海兵隊の法務担当は被害者の学生らを交番に呼び出し、示談書へのサインを求めた。
奥の部屋には警官がいたが、「何をしているのか確認しなかった」。
学生らは交番だったので「警察の仲介だと思った」という。


 「示談」のやり方もおかしかった。米軍の法務担当者は英語の示談書などを用意し署名させたが、それを学生らに渡さなかった。
だから被害者たちは「サインはしたが、内容はよく思い出せない」。そんな理不尽が繰り返されてきた。


 学校側は報道機関に一斉に情報提供したが、地元紙の琉球新報以外はほとんど報じなかった。
たまたまニュースが多かったのか、あるいは人手不足だったのか。
本紙はウェブサイトで新報の記事を転載した。


 報道を受け、米軍側は今後交番を使わないこと、示談書を被害者にも渡すことを約束し謝罪した。
警察も「交番を使用しないよう要請した」と記者発表した。
それでも多くのメディアは、沈黙した。
「沖縄ではありがちな話」と黙殺したのかもしれない。

posted by 小だぬき at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト