2012年10月22日

テレビと孤独死

憂楽帳:テレビと孤独死 
毎日新聞 2012年10月20日 西部夕刊

 新聞社の編集局にある複数のテレビはどれも一日中つけっ放しだ。
いつ地震速報などが流れるか分からないからだ


北九州市の市営団地で一人暮らしの男性(70)は全く別の理由で夜、テレビをつけっ放しにしている。
団地の大半は独居高齢者。
車通りからは少し離れ、日が落ちると深い静寂に包まれる。
「しーんとなると孤独感に押しつぶれそうになる」。
つまらない番組しかない時は音を消し、ムード音楽を流す。
それでもテレビのスイッチは消さない。目はテレビ画面を追い続ける。
「“人”を感じていたいんです」


 団地では6年前、孤独死事案があった。
4カ月だれも気付かなかった。
男性は、皮と骨だけになった遺体を直接この目で見た。
自分だっていつこうなるか分からない……。
時々そんな不安に襲われるという。


 夜の団地を歩いてみた。
カーテン越しにちらちらと光が動くのが見え、テレビの前で座る高齢者の姿が思い浮かぶ。
ふと思った。
テレビがなかった時代は、お年寄りが一人で暮らすこともほとんどなかったろうし、孤独死もなかったろうな、と。
                            【三木陽介】

posted by 小だぬき at 04:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お早うございます。
孤独死はこれから増々多くなると思います。
派遣法成立後、若者が定職を持てなくなり、アルバイトか派遣社員で3か月の仕事保障。何時首になるか分からず、彼女も出来ず結婚など考える事が出来ないと言います。これら小泉政治の悪弊がいま現れてきています。
それと、医師に聞いた話ですが、全国的に自殺者が多いそうです。年配の方の一人暮らしで、失火して全焼の後から遺体が見つかるそうです。決まって一人暮らしで70歳以上の方だそうです。
失火の原因などから自殺でないかとのことでした。
空洞化で日本に仕事場が無くなって、今後どんな世の中になるのか想像もつきません。
長く書きすぎました。この辺で。
Posted by 路人 at 2012年10月22日 08:58
私も もし両親が他界したとき 独居老人の仲間入りです。
この変な世の中がどうなっていくのか 他界するまで見届けたいと思います。
景気回復には 思い切った雇用政策と賃上げで購買力向上を図らなければならないのに、大企業のみに金の補助がいき リストラと悪循環です。私の心筋梗塞も「老人保健」が効く75歳まで持って欲しいです。節に。
小澤一郎氏に最後の希望を持って応援したいです。路人さんの置き手紙で挨拶しようとしたのですが、提示されませんでした。
Posted by 小だぬき at 2012年10月22日 10:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト