2012年12月28日

原発維持方針 3・11をもう忘れたか

原発維持方針 3・11をもう忘れたか
2012年12月28日   東京新聞社説

 3・11は世界を変えた。ところが第二次安倍政権。
発足早々、何の議論もないままに、原発の早期再稼働はおろか、新増設にも含みを持たすとは。
福島の被害は続くのに、もうあの衝撃を忘れたか。


 あまりにも乱暴すぎる転換だ。自民党は何ら変わってはいないのではないか、そう思われても仕方ない。


 言いたいことは三つある。


 一つ目は、世界有数の地震国日本に原子力を持ち込んで、五十基を超す原発を立地したのは、ほかならぬ自民党政権だったということだ。
核のごみの後始末も考えないままに、である。

 自民党が進めた国策という土壌の中で原子力ムラが醸成され、安全神話が誕生し、福島の惨事につながったのではなかったか。
 福島の苦悩は終わっていない。多くの県民が仮設住宅で、二度目の新年を迎えることになる。

 半世紀以上に及ぶ自らの原子力推進政策への検証と反省もないうちに、拙速な再稼働を考えるのは危険であり、それこそ無責任ではなすか。

日本原子力発電敦賀原発は、原子力規制委員会が活断層の存在を確認し、大地震の影響を受ける恐れがあるとした場所だ。


 その敦賀原発にさえ増設の含みを残すとすれば、規制委員会の科学的判断と独立性を脅かす意図すらあるということか。


 次は、国民の多くは原発推進を支持していないという点だ。

 自民党は、先の衆院選には大勝した。
しかし、原発の是非を争点にするのを避けたのか、公約では「再稼働の是非は三年以内に結論を出す」と言葉を濁し、推進を打ち出してはいない。
国民の多数は原発推進を選択してはいない。

 一方、民主党の「二〇三〇年代原発ゼロ」は、各種世論調査でも国民の過半が支持した政策だ。
それを軽々しく覆すことこそ、背信といえるだろう。


 三つ目は、いま強引な再稼働を企てる前に、現実的な方策を示せということだ。
 核のごみは行き場がなく、使用済み燃料を再利用する核燃サイクルもままならない。
核不拡散など米国との交渉が必要というのなら、まず国民に向かって説明してほしい。
危険と隣り合わせにいるのは国民なのである。


 福島事故の収拾、被災者の早期救済、あるいは自然エネルギーの開発促進はもとより、立地地域の新たな雇用創出などこそ、最優先されるべきではないか。

posted by 小だぬき at 13:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですよね?
民主党も問題ありでしたが、その原因を作ったのは自民党。
それが分かっていての、今回の結果?
このまま進んでいくとなると、虚しいばかりです。

今年は、新年早々大変お世話様にまりました。
来年もよろしくお願いいたします。
Posted by kanmo at 2012年12月28日 15:35
私こそお世話になりました。こちらこそよろしくお願いいたします。
今まで 原発問題に鋭い質問をしていた小野寺議員を防衛相に、森ゆう子議員を少子化担当相にして事実上の「口封じ」がなされました。東京新聞の社説が今一番 本質をついていると思います。
夜は 防犯ライトのみにして TVや無用なネオンなどは無くしたいものです。国民の命を守るもの以外の電力カットと蓄電池の大型化で脱原発は可能だと思います。
Posted by 小だぬき at 2012年12月28日 16:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト