2013年05月07日

「置手紙」、タイムアウト表示 3日目

「置手紙」の表示が すべて「タイムアウト・・・」になり早 3日

日本ブログ村・足のポイントや順位が いかに読者の皆様のご支援のたまものだったか痛感しています。

最近、体調も今一つで 寝て小だぬきと「春眠」「夏眠」が多くなっています。
1日1食でも 体重計の数字は 増える日々。
腹だけは大だぬき状態のまま、人体の不思議です。

この際ですが、未だに調べ続けている事柄を紹介します。

★「ジェネリック薬品」と「新薬」の効果は本当に同じか??

よく政府広報や病院では 「ジェネリックス」を薦めますが、ここで拘り「鬱患者」は混乱の頭になるのです。

 ◎特許切れだけで 「効能は変わらずに安い」といわれますが、では、「新薬」は新たに別の特許をとっただけなのか・・・。製薬会社は「10年特許」期間 何の進歩もしていないのか、との疑問です。

 ◎私は「丸山ワクチン」の支持者ですが、なぜ副作用のつよい「いれっさ」が承認され 副作用のまったくない「丸山ワクチン」が闇に葬られたのか・・・

★右翼化した政党が「憲法改正」をいうのは、論としては理解できても、なぜサンフランシスコ平和条約と同時に施行された「日米安保条約」「地位協定」破棄・改善に本腰をいれないのかわからない。

 ◎日本に占領軍として上陸・拠点にした基地を 日米安保で「占領軍から駐留軍」にし 半ば 占領軍隊を詭弁を弄して「平和に必要」と対米軍事隷属下にある。

 ◎本来なら1952年から1972年までに 沖縄に新設された「米軍施設」は施政権返還とともに無効・不法占領・返還が 筋なのに 自民党政府は「内実より名をとった」屈辱外交。今の普天間基地を含め 戦後にブルドーザーで強制された基地返還は 独立国として当然の願い。

 ◎テレビや映画で 航空管制が英語でされていることに違和感を感じた方はいませんか??   今でも領空の大部分は 米軍管制下にあり、米軍訓練空域・自衛隊訓練空域を除く 狭い範囲でしか 民間航空のルートがないためです。

 ◎自衛隊が「専守防衛」なら 1945年の「沖縄戦」から 教訓を学び、編成を考えなくてはならないし、住民避難の方策が必要なのに、未だに住民避難は後回しにされている。

★福島原発の廃炉の見通しがないのに輸出ですって

 ◎これって ブラックジョークですよね。
年代がばれますが、テレビの1作目宇宙戦艦ヤマトの「コスモクリーナー」の技術が完成していればともかく 福島第一の溶融燃料棒取り出しの見通しもたっていないのに 再稼働だ輸出とは・・・。

★会社・社員の概念より「労働者」を

 ◎マルクスの「資本論」に 立ち戻るべきです。
結局 近代経済学というのは「富めるものはより豊かに、貧しいものはより貧しく」する学問であったことは事実のように思えます。

★散々と子どもを抑圧しておいて いまさら・・・

 ◎小さい時から 思う存分遊ぶ「空き地」「公園」「他人の庭」「校庭」などを 子どもたちから奪っておいて 今の子は体力不足・・・。
元教員として「体力向上の幼少期」を保障しないで 「よく言うよ」です。

 ◎校内で事故があるたびに増えた「禁止品」「使用禁止」
刃物のじこがあると「肥後の神」「カッター」、酷い時は「コンパス」の禁止。
赤い羽根での的当てで 失明の事故があると 一斉に「針からシール」に。
これも元教員として 危険と隣り合わせでも道具を使う機会を奪っておいて、今の子は不器用との文科省、ふざけるなです。

ごめんなさい、愚痴の方が多くなりました。
posted by 小だぬき at 16:01| Comment(4) | TrackBack(0) | ブログ奮戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
置手紙がタイムアウト?
それって何?
Posted by みゆきん at 2013年05月07日 21:33
記事に大変共鳴を受けました〜これからも主に何かを勘違いしているw保守サイトに負けない様に頑張って頂きたいです!
Posted by 応援して居ます at 2013年05月08日 01:17
何時もお世話になっております。
書かれておられる事は全て当然の事象であり愚痴ではなく真相を書かれているだけと私は思っております。憲法や原発等も右に傾き過ぎている層は利権等が絡んでくると凄まじいばかりのエネルギーで道理を捻じ曲げて来る等毎度で呆れ果てております。其れにしても都議選から夏の参院選と此の儘では更に状況悪化となりますが、押し戻すにはどの様にすれば良いのか此れ又難解です。
済みません愚痴を書いてしまいました。
Posted by redhappiness at 2013年05月08日 02:42
みなさん ありがとうございます。
私は 戦国から江戸・戊辰戦争・明治・・平成にいたるいままで、今の自民党のいう「互助・思いやり」は権力にはあっても 国民はそのゆとりさえなくして 権力支配に苦しめられた時代だと思います。
安部首相の「美しい日本」は、権力視点でしか成り立たない説だと思います。
今の体制は、戦前の翼賛体制に近いものになっています。ここで止めねば また「戦禍」
、唯一の希望は 一人ひとりが いろいろなしがらみから脱して 選挙で主権者になるしか道はないと思っています。

教育にしても 今まで一度も「日教組」が教育方針を左右したことかせありません。
文科省の方針の無謀を 現場で「無謀を無茶」程度に緩和する闘争しかできていません。権力の責任転嫁の巧妙さです。

みゆきんさん、「置手紙のタイムアウト」ということは 実質「置手紙不能」の状態です。
みなさん これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 小だぬき at 2013年05月08日 09:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック