2013年05月26日

ありえない比喩による論理のすり替え、相手に考える間を与えないテクニック…

ありえない比喩による論理のすり替え、
      相手に考える間を与えないテクニック…
2013年5月26日   東京新聞「筆洗」

 ありえない比喩による論理のすり替え、相手に考える間を与えないテクニック…。『最後に思わずYESと言わせる最強の交渉術』という本に書かれている駆け引きの実践例だ

▼日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が十年前に書いたこの本を読むと、弁護士として磨いた交渉術を今も活用していることが分かる。
古書店では元値の倍以上の値がつく人気だ

自分の発言のおかしさや矛盾に気付いた時は「無益で感情的な論争」をわざと吹っ掛けるとあった。
その場を荒らして決めぜりふ。
「こんな無益な議論はもうやめましょうよ。
こんなことやってても先に進みませんから」

▼橋下さんはきのう出演したテレビ番組
で、在日米軍に風俗業の活用を求めた発言について、米軍と米国民に謝罪、発言を撤回する意向を示した。
発言撤回に言及したのは初めてだ

言い負かせば勝ち、という価値観も国内外からの批判に揺らいだとみえる。
「(従軍慰安婦が)必要だったのは誰だって分かる」との発言を「その時代の人たちが必要と思っていたと述べた
」とすり替え「日本人の読解力」やメディアに責任転嫁した。
これらの発言も撤回すべきだろう

▼弁護士時代のように、感情的な議論を吹っ掛け、「無益な議論はやめましょう」とはごまかせない。
すべて自らがまいた種だ。
頼みにする「ふわっとした民意」が逃げてゆく。

posted by 小だぬき at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック