2013年05月31日

慰安婦発言「誤報」の主張:橋下氏に反論する

慰安婦発言「誤報」の主張:橋下氏に反論する
2013年05月30日
=毎日新聞大阪本社編集局長 若菜英晴

 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)が、従軍慰安婦を巡る発言の報道に対し、「誤報だ」と繰り返し主張している。

本紙に関しては、具体的にどの記事を指しているのか定かでないが、「自分の真意を伝えないメディアの報道がおかしい」という趣旨のようだ。

 
【橋下氏慰安婦発言】
記者団との一問一答(要旨)

 経過を振り返る。
今月13日に問題の発言があり、本紙は同日夕刊最終版(大阪発行)から報道した。

大阪発行の14日朝刊では、沖縄の米軍に「風俗業活用を」と話したことも含めて記者団との一問一答を掲載し、ネットでも公開した(毎日jpに一問一答記事を掲載)。

橋下氏は14日、自身のツイッターで「かなりフェアに発言要旨を出している。
毎日の一問一答がある意味全て」と書き込んだ。
しかし、17日の囲み取材で「大誤報をやられた」と語り、メディア批判をさかんに展開し始めた。


 橋下氏は「メディアは一文だけ聞いてそこだけ取る」「文脈をきちっと取って報道すべきだ」と言う。
では、14日の一問一答全体や文脈から何が伝わったのか。

沖縄の地方紙、琉球新報の18日社説はこう書いている。


 「『海兵隊の猛者の性的エネルギーをコントロール』するはけ口として、生身の女性をあてがおうとする発想そのものがおぞましいのだ
「(戦時中)『慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる』と述べたが、『分かる』はずがない」「沖縄の代弁者であるかのように装うのはやめてもらいたい」。
同感である。


 橋下氏は後に「風俗業発言」は撤回したが、文脈から伝わったのは、従軍慰安婦問題の見解や歴史認識以前の、橋下氏の人権感覚、人間観ではないだろうか。

国内外に批判が広がったのもこの点にある。
「報道で正反対の人物像・政治家像が流布してしまった」と橋下氏は言う。

しかし、流布した原因は橋下氏の発言、言葉そのものにある。
報道批判は責任転嫁だ。
ましてや、「日本人の読解力不足」との指摘はあたらないし、「他国も同じようなことをした」との主張は論点のすりかえと映る。       

 「バカ」「頭が悪い」……。
橋下氏はツイッターで毎日新聞や批判的なメディアに対してこのような言葉を繰り返しぶつける。
これにはいちいち反論もしないが、政治家であるならば、冷静で吟味された言葉で語るべきだ。
荒っぽい言葉を「本音」ともてはやすことは、人を傷つけるだけでなく、国益も損なうことを今回の問題は示している。

posted by 小だぬき at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック