2013年09月09日

佐藤真海パラリンピック代表、招致プレゼン全文

被災地で見たスポーツの真の力 
       佐藤真海さん、招致プレゼン全文
産経新聞 2013/09/08 01:38

■パラリンピック女子走り幅跳び代表 


 会長、そしてIOC委員の皆様。佐藤真海です。


 私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです。
スポーツは私に人生で大切な価値を教えてくれました。
それは、2020年東京大会が世界に広めようと決意している価値です。
本日は、そのグローバルなビジョンについてご説明いたします。 


 19歳のときに私の人生は一変しました。
私は陸上選手で、水泳もしていました。
また、チアリーダーでもありました。

そして、初めて足首に痛みを感じてから、たった数週間のうちに骨肉種により足を失ってしまいました。
もちろん、それは過酷なことで、絶望の淵に沈みました。


 でもそれは大学に戻り、陸上に取り組むまでのことでした。
私は目標を決め、それを越えることに喜びを感じ、新しい自信が生まれました。


 そして何より、私にとって大切なのは、私が持っているものであって、私が失ったものではないということを学びました。


 私はアテネと北京のパラリンピック大会に出場しました。
スポーツの力に感動させられた私は、恵まれていると感じました。
2012年ロンドン大会も楽しみにしていました。


 しかし、2011年3月11日、津波が私の故郷の町を襲いました。
6日もの間、私は自分の家族がまだ無事でいるかどうかわかりませんでした。
そして家族を見つけ出したとき、自分の個人的な幸せなど、国民の深い悲しみとは比べものにもなりませんでした。

 私はいろいろな学校からメッセージを集めて故郷に持ち帰り、私自身の経験を人々に話しました。
食糧も持って行きました。
ほかの
アスリートたちも同じことをしました。

私達は一緒になってスポーツ活動を準備して、自信を取り戻すお手伝いをしました。


 そのとき初めて、私はスポーツの真の力を目の当たりにしたのです。
新たな夢と笑顔を育む力。
希望をもたらす力。
人々を結びつける力。

200人を超える
アスリートたちが、日本そして世界から、被災地におよそ1000回も足を運びながら、5万人以上の子どもたちをインスパイアしています。


 私達が目にしたものは、かつて日本では見られなかったオリンピックの価値が及ぼす力です。

そして、日本が目の当たりにしたのは、これらの貴重な価値、卓越、友情、尊敬が、言葉以上の大きな力をもつということです。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 教育・学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こうなったら、7年後も生きていてやるわ(笑)
Posted by みゆきん at 2013年09月09日 13:22
この佐藤真海さんの言葉が 招致を決定づけたと報道されています。彼女の心には「7年後には 夢と希望を取り戻せる故郷に」の思いが にじみ出ていたのだと思います。彼女の心を傷つけないように これからを監視していきたいです。
必ずや 首都高などの経年劣化・新幹線などに厖大な予算がつき 被災地の窮状改善なし、原発汚染の過少申告が横行するのですね。

この日程だと 衆参選挙とも重なりかねない・・、首都直下地震の危機は 無視できるほどになったのでしょうか??
Posted by 小だぬき at 2013年09月09日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック