2013年10月10日

TPP:国民への約束違反―自民党

国民への約束違反―自民党
2013年10月9日 東京新聞「
筆洗

気味が悪いほど暑い。
八日、東京都心の気温は三〇度近くまで上がったという。
この陽気の中キンモクセイの匂いとは妙なものだ。
暑い秋にどうも調子が狂わされてしまう

▼本来、そろそろ熱かんでもという季節になっているはずなのにこう暑くてはそんな気にもならない。
調子が悪くなる話はこれだけではない

政府・自民党から環太平洋連携協定(TPP)交渉で関税撤廃しないと約束をしていた「聖域」の一部をあきらめるような発言が出てきた。
交渉ごとである以上、日本の主張がすべて通るほど甘くはないのは分かっていた

▼無理な約束だったのかもしれない。
それでも自民党は約束したのである。
具体的な交渉が進まぬうちに用意されていたかのように譲歩の白旗が出てくることがおかしい

▼酒と約束といえば、こんな小話がある。
むこう一年酒を断つと神様に約束した男にその飲み仲間が誓いを破れと説得する。
「こうしてはどうか。
酒を断つのをもう一年延ばして二年にしてもらえ。
その代わり夜だけ酒を飲むというのは」
「そいつはいい。思い切って三年に延ばして昼間も飲むか」。約束は形だけ

▼半面、政府と自民党は交渉の年内合意に熱心だ。
年内挙式と言われれば、親としては最初の約束が妙な具合になっても反対しにくい。
日本の国民は物分かりの良さを自民党に付け込まれている気がする。
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
譲歩どころか、すでに固まっていて交渉の余地の無い敗北状態だけど、これから譲歩を交え交渉するというポーズなんだと思うな。これから小出しに敗北を伝えていく算段でしょう。情報操作の安倍政権ですから。
Posted by カノッチ at 2013年10月10日 18:12
全面的に賛成です。一番おかしいのは 交渉経過や妥結内容が 非公開とされ 国会の批准手続きまで内容が分からない点です。
今まで以上に アメリカ資本の流入を認めるなんておかしいですよね。
国民をまとめる 理性的指導者が デモ・スト・輸入阻止などを効果的に組み合わせていけば まだ阻止は可能です。まだ自民党に抵抗勢力がいて、野党と連携できれば・・・
Posted by 小だぬき at 2013年10月10日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト