2013年10月11日

知識は尻から抜けてもいい。知恵が血肉となって残るなら

知識は尻から抜けてもいい。
  知恵が血肉となって残るなら
2013.10.10  朝日デジタル「天声人語」

 季節違いをお許しいただくとして
、〈学問は尻からぬける蛍かな〉の句が蕪村にある。
滑稽味が漂うが、50代半ばになった我が身を思えば笑ってもいられない。
読んだもの、覚えたはずのものが、体中の穴から抜けていく。
そんな中、少し励まされる調査結果が出た

▼経済協力開発機構(OECD)が16〜65歳を対象に、社会生活で求められる能力を調べた。
24カ国・地域で行った初の「テスト」の結果、日本は読解力と数的思考力で1位になった。
義務教育で学んだ基礎は、しっかり血肉になっているらしい

▼文科省は「成人力調査」と呼んでいる。戦後の教室で蒔(ま)いてきた種の出来は、「良」なのだろう。
何の意味があるのかと冷めた声も聞こえるが、人間が最大の資源という国である。
結果が良いに越したことはない

▼しかし気がかりもある。
15歳を対象にOECDが行った4年前の調査で、日本は読解力で8位、数学的な応用力で9位だった。
次代の子らを案じる向きは少なくない

▼教育には誰にも一家言がある。
「教育とは、学校で習ったすべてを忘れたあとに残るものをいう」との格言もあった。
知識は尻から抜けてもいい。知恵が血肉となって残るなら。
そんな意味だろうか。
理想といえば理想である

▼教育熱心ならいいが、点数に汲々(きゅうきゅう)とする「教育結果熱心」は似て非なるものだ。
種を蒔いて収穫まで、人は成長の緩い植物だと思う。
遅速もまた人それぞれ。裏を返せば、どの年齢も伸びしろはある、という希望になる。
 
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヾ(@⌒ー⌒@)ノおはよう
今日は土砂降り
雨音で目覚めた(^^;
知識は血肉となって残る
身体で覚えるって事なのかな?
Posted by みゆきん at 2013年10月11日 08:36
知識を知恵にまで高めないと 意味を持たないということですね。PCの知識はあっても 仕事・趣味でつかいこなす知恵がなければ 意味がないということ。本来は知識を知恵として蓄えて人生を豊かにすべきなのに 単なる知識でのクイズ王では意味をもたない・・・。知恵なら身についた体験や経験と新しく覚える知識の活用で 老人も「知恵」なら伸びしろがある・・。暗記力は衰えても 聞く・調べる
知恵があれば なんら生きていくのに障害にならなてともとれます。そんな老人になりたい。
Posted by 小だぬき at 2013年10月11日 14:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト