2013年10月16日

いまや下着とマスクは使い回し“現代の蟹工船”福島原発の惨状

いまや下着とマスクは使い回し
  “現代の蟹工船”福島原発の惨状
2013年10月16日 日刊ゲンダイ掲載


 今月に入り、福島第1原発で立て続けにトラブルが起きている。
ほとんどが「タンクにゴムパッドを置き忘れた」といった単純ミスだが、原因は作業員の人手不足と士気の低下だ。
事故の年は3万円近かった日当が今では半分以下に。
なのに、国と東電が「急げ、急げ」とプレッシャーをかけるから、ミスが増えるのも当然だ。

 士気の低下はカネのせいだけじゃない。
福利厚生面の待遇悪化が作業員のやる気をそいでいるという指摘がある。

 以前は線量オーバーで離職した作業員は、無料で健康診断や人間ドックを受けられたが、今ではよほどの高線量を被曝(ひばく)しなければ認められないという。
作業員の取材を続けているジャーナリストの布施祐仁氏が言う。

「東電のコストカットで、事故直後は温泉旅館やホテルだった作業員の宿がプレハブみたいな仮設住宅になりました。
しかも個室ではなく相部屋がほとんど。
これではプライベートを保てないし、疲労回復は望めないでしょう」

 作業員は床にマットを敷いただけのプレハブ内で雑魚寝をして休憩する。全面マスクと防護服で包まれた作業員はいつも汗でビッショリ。
そんな男たちが集まれば、異臭もするし食事どころではなくなる。

しかも、以前は新品の下着が毎日支給されていたのに、今は洗濯して再利用するようになった。
他人の臭いが残っている場合があるという。

<ムワッと漂う男臭で仕事どころじゃない>

「作業員が口を揃えて『クサイ』と訴えるのがマスクにこびりついた臭いです。呼吸口のフィルターは毎回交換しますが、ヘルメット部分は事故直後から使い回しているものがあるそうです。
かぶった瞬間、ムワッとした男の臭いで息苦しくなるといいます」(布施祐仁氏)

 福島原発はただでさえ危険な現場だ。
給料が安いうえ環境が不衛生では、腕のいい働き手が集まらなくなるのは当然といえる。
蟹工船みたいな労働環境の改善は喫緊の課題だ。
posted by 小だぬき at 16:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひどい現状ですね。
今や原発のことはニュースにならなくなったことをいいことに・・・。やる気があるんでしょうか。儲けを生まない仕事だからやる気がないんでしょうね。
こんなことで原発再稼動なんて。
小泉さんが、最近いいことを言っている「脱原発」。しかし、国会の議題にもならないですね。
選挙のときは「原発」争点だったのに・・・
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2013年10月16日 21:06
都月さんのおっしゃるとおりでしょうね。もう原発被災者や原発廃炉の声も小さくなってきました。
いっそのこと 東京オリンピックのメイン会場・選手村を福島に作り 東京都が主催する形にしたらとさえ思います。
除去技術・廃炉技術・プルトニュ―ムの無害化技術に投資をしてこそ 国際貢献だし事故の教訓です。
今の安倍さんの論理は破たんしているのです。集団的自衛権・拉致問題を 軍事的に解決可能にするためには、韓国領空・領海を通らねばならない。今の韓国の反日姿勢というより 朝鮮戦争を誘発しかけない派兵など 韓国が認めるはずがない。
有権者も そろそろ賢くならないとね・・・。
Posted by 小だぬき at 2013年10月17日 11:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト