2013年11月23日

〈秘密保護法案〉落合恵子さん:私たち一人ひとりの問題 

〈秘密保護法案〉落合恵子さん
 私たち一人ひとりの問題 
2013年11月21日22時39分 朝日デジタル

 ■作家・落合恵子さん


 3・11後、脱原発運動を続けてきました。
1986年にチェルノブイリ原発事故が起きてささやかな勉強会を開きましたが、長続きしなかった。
そのことへの反省があります。


 いま、同じ思いで特定秘密保護法案の反対を訴えています。

法律ができて言論が弾圧された戦前のような取り返しのつかない状況を迎えた時、どうしてもっと力を尽くさなかったのかと悔いたくはないからです。


 この法案について、近所の人から「(処罰される対象になる)公務員じゃないから大丈夫」と言われたことがあります。
そうでしょうか。

私たちは、東京電力福島第一原発事故で情報の隠蔽(いんぺい)をさんざん経験し、今も味わっています。


 テロ対策を名目に原発に関する情報はますます出なくなると思います。

秘密が広がり、大切な情報が市民に届かなくなる。
そうなれば、一人ひとりが多様で正確な情報に基づき判断するという民主主義の基礎が壊れてしまう。
私たち一人ひとりの問題なのです。


 歴史を振り返れば、いつの時代でも世界のどこでも権力は情報を隠します。
政府が情報をどれだけ開示するかが民主主義の成熟度を示すものですが、日本の情報公開は米国などに比べはるかに遅れています。

政治が取り組むべきは、秘密保護ではなく情報公開です。

 法案の修正ではなく、廃案しかありません。
     ◇

 秘密が増えて私たちの身の回りが息苦しくならないか。
暮らしにはどんな影響が出るのか。
国会での審議が大詰めを迎えている特定秘密保護法案に反対する動きが広まっている。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その為の法案だったのか・・・(ーー;)
Posted by みゆきん at 2013年11月23日 10:56
国会の特別委員会の録画をご覧ください。各党の執行部は 成立に合意とか・・・。でも質問に立つ議員達の疑念や法不備、運用の問題など今週に入り鋭くなっています。
眠り薬のつもりでいいですから 国会中継をネットでご覧ください。
Posted by 小だぬき at 2013年11月23日 13:40
私は専門家ではないので、TV,新聞、インターネットの情報しか知りません。
それでも、各メディアがこれだけ反対しているのに、それを無視して軽々に成立させようとする、安倍さんの魂胆が怖い。大臣は審議中だからといって、何の情報も開示しない。もう秘密保護法が施行されているかのようです。
どうしても、法律を作りたいなら、チェック機関を何重にも作るべきです。それも、政府とは係わりのない機関です。本当に秘密に値するのか?情報開示を求める機関も。
チェックするのが総理大臣だけって、チェックがないも同然。
秘密の期間が60年!秘密にした人が生きているとは思えません。
政治の歴史が闇に沈んでいきます。歴史の検証が出来なくなります。
野党も反対した振りだけして、何の修正もないに等しい修正で、大権力に擦り寄っていく。
政治家は自分の利益しか考えていないことが如実になりました。国民の利益なんか考えちゃいません。
怖い国になります、
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2013年11月23日 15:24
今でも 警視庁公安部などは 政治家のスキャンダルを含め 相当な秘密を内部に貯め込んでいるといわれます。その一端が見られたのが 警視庁PCに対する侵入で漏えいした「テロ・外国からの情報です」。いまでも官房機密費や公安職員・情報が極秘になっています。米国でもFBI情報で 政府の要人を脅して権力を肥大化させた歴史があります。日々の外電や国内情報を権力者が統制できるハズもありません。戦前は 天気予報すら極秘になっていました。もっと厳格な法体系がないと 国民への弾圧に使用されることは明らかです。行為ではなく思想・信条を罰するものですから・・・
Posted by 小だぬき at 2013年11月23日 17:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト