2013年11月27日

秘密保護法案 不十分な審議、強引な採決は許されぬ

秘密保護法案 
不十分な審議、強引な採決は許されぬ
毎日新聞「社説」 2013年11月26日 02時30分

 政府・与党は、特定秘密保護法案について、みんなの党や日本維新の会との修正協議がまとまったことを受け、26日にも衆院通過を図る可能性がある。緊迫した状況だ

 だが、法案の審議はまだ尽くされていない。
ましてや、修正協議は密室で行われており、国会で十分に議論されたわけではない。


 国民の「知る権利」など、憲法上要請される大切な権利を侵害する恐れのある法案だ。

徹底的に国会で審議を重ねるのは、国民の代表者としての国会議員の責務だ。会期末の近い今国会での成立に突っ走り、強引に採決するのは到底許されない。


 25日に福島市で開かれた衆院特別委員会公聴会では、地元の首長や学識者、弁護士ら7人が意見を述べた。

萎縮効果で情報が流れなくなることや、国民に必要な情報が隠されることへの懸念が示され、「まず情報公開を進める法制を」との声も強かった。
今国会成立への賛成はなく、大半の人が廃案か慎重審議を求めた。


 東京電力福島第1原発事故の際、放射能の影響を予測するSPEEDIが当初非公開だったため、地元住民は避難の方向を誤った。

テロ活動防止の観点から、原発の警備実施状況も特定秘密に指定される可能性が大きい。
それ以外の原発情報も隠されはしないか。
そういった福島の人たちの心配は、もっともだ。


 公聴会の意見を重く受け止めれば、審議に時間をかけるしか道はない。
そうでなければ、意見を聞く場をアリバイ的に設けただけだと批判されてもやむを得ない。

 法案がやっと国民に浸透し始め、反対や疑問の声がじわじわと広がりつつある。
21日夜、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で開かれた反対集会には、主催者発表で約1万人が参加した。
入りきれなかった多くの人が音楽堂を取り囲んだ。

年配の人が目立った。
軍事秘密を守るために過酷な取り締まりをした軍機保護法や治安維持法など戦前戦中の法制と、特定秘密保護法案を重ね合わせる人は少なくない。杞憂(きゆう)というのならば、政府は、もっと丁寧に説明すべきだ。


 ジャーナリストや弁護士会だけではない。NGOや市民団体、学者、作家など、反対の意見表明は日を追うごとに増えている。

世界100カ国以上の作家やジャーナリストで作る「国際ペン」も、「政治家と官僚が、市民の情報と言論の自由を弱体化させようとしている」と、異例の声明を出した。

他の地方や中央での公聴会も開き、謙虚に国民の声を聞くべきだ。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック