2013年11月28日

秘密保護法案衆院通過 民主主義の土台壊すな

秘密保護法案衆院通過 
     民主主義の土台壊すな
毎日新聞「社説」 2013年11月27日 02時30分

 あぜんとする強行劇だった。

 衆院国家安全保障特別委員会で特定秘密保護法案が採決された場に安倍晋三首相の姿はなかった。

首相がいる場で強行する姿を国民に見せてはまずいを与党が選んだという。


 与党すら胸を張れない衆院通過だったのではないか。
採決前日、福島市で行った地方公聴会は、廃案や慎重審議を求める声ばかりだった。
だが、福島第1原発事故の被災地の切実な声は届かなかった。


 審議入りからわずか20日目。
秘密の範囲があいまいなままで、国会や司法のチェックも及ばない。
情報公開のルールは後回しだ。


 国民が国政について自由に情報を得ることは、民主主義社会の基本だ。
法案が成立すれば萎縮によって情報が流れなくなる恐れが強い。
審議が尽くされたどころか、むしろ法案の欠陥が明らかになりつつある。


 この法案について首相はさきの参院選で国民に十分説明せず、今国会の所信表明演説でも触れなかった。

ところが今、成立ありきの強硬路線をひた走っている。
衆参のねじれ状態が解消して4カ月での与党のおごりである。


 一部野党が安易な合意に走ったことも消せぬ汚点だ。

日本維新の会、みんなの党両党との修正合意は法案の根幹を何ら変えていない。
維新の会と「検討する」と合意した秘密指定の妥当性を判断する第三者機関の設置も確約されたとは言えない。


 秘密指定の最長期間が60年となるなど、改悪となりかねない部分すらある。
これではまるで与党の補完勢力ではないか。


 衆院は通過したが、法案の必要性を改めて吟味する必要がある。


 国の安全が脅かされるような情報を国が一定期間、秘密にするのは理解できる。


 情報漏えいを禁じる法律は、国家公務員法、自衛隊法、日米相互防衛援助協定(MDA)秘密保護法があり、懲役の最高刑はそれぞれ1年、5年、10年だ。
一方、政府は、過去15年で公務員による主要な情報漏えい事件が5件あったとの認識を示した。
この三つの法律の枠内で、起訴猶予になったり、最高刑を大幅に下回る刑の言い渡しを受けたりしている。


 現行法の枠内で、情報が漏えいしないような情報管理のシステムを各行政機関内で構築して規律を守ることが先決だ。


 法案では、防衛・外交情報のほか、テロ活動防止などの名目の公安情報も特定秘密の対象となる。
監視活動が中心の公安捜査は、国民の人権を制約する。


 情報を知ろうとする国民が処罰されるような強い副作用を覚悟の上で、新たな法律を今作る必要が本当にあるのか。


 「知る権利」に対する十分な保障がなく、秘密をチェックする仕組みが確立されていないなど問題点や疑問はふくらむばかりだ。

参院では一度立ち止まり、この法案の問題点を徹底的に議論した上で危うさを国民に示すべきだ。


 民主主義の土台を壊すようなこの法案の成立には反対する。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これで、国民に内緒ごとが増えるのね
戦時中に逆戻り?
Posted by みゆきん at 2013年11月28日 14:24
今日の参議院 特別委員会は「良識の府」らしい質問の数々でした。参議院自民党は 今まで衆議院のコピーではないんだと 独自路線をとっているので
今国会での成立は断念して 継続審議か廃案になる可能性がでてきました。
衆議院の特別委員会の強行採決の画像を何度もみたのですが、動議者が動議内容の提案をしているのか不明です。 歴史の転換点になる法案を廃案にして
こそ 警察国家・軍事国家を阻止できる・・・
私も明日から 体調を見ながら「国会散歩」に参加してきます。
Posted by 小だぬき at 2013年11月28日 19:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト