2013年12月04日

映画愛する皆さん 秘密法案反対を 高畑勲監督ら

映画愛する皆さん
秘密法案反対を 高畑勲監督ら
2013年12月3日 18時13分 共同通信

  「映画を愛する皆さんが反対の声を上げてくださるよう、心から呼びかけます」。

日本の映画監督や俳優ら269人が3日、成立の可能性が高まる特定秘密保護法案に反対するよう、映画人やファンに求める呼びかけ文を発表した。


 高畑勲、山田洋次の両監督ら5人が連名で呼びかけ文を作成。

2日までに、是枝裕和、宮崎駿の両監督や俳優の吉永小百合さん、大竹しのぶさんら日本を代表する映画人を含む264人の賛同が集まった。

高畑監督らは3日に「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」を結成し、廃案を目指すとしている。
**************************************
(資料 呼びかけ文)

私たち映画人は、「特定秘密保護法案」に反対します!

今臨時国会において安倍政権は、「特定秘密の保護に関する法案」を提出し、国民多数の反対の声を無視して、その成立を強引に推し進めようとしています。
私たちは、この「法案」の内容、および拙速なその審議のありように大きな危惧と怒りをもって、この法案にたいし反対の声を上げるものです。
戦前、心ならずも戦争に対する翼賛を押し付けられた映画界の先達の反省に立ち、その苦渋と悔悟の思いを受け止め、日本映画界は戦後の歩みを開始しました。そのことを思うとき、「知る権利」を奪い「表現の自由」を脅かすことになりかねないこの法案は、民主主義の精神にてらしあわせて、とても容認することはできません。
私たちは、この法案に反対することを表明するとともに、
広く映画界で活躍される皆さん、映画を愛する皆さんが
反対の声を上げてくださるよう、心から呼びかけます。
  2013年11月28日
      「特定秘密保護法案」に反対する映画人の会(準備会)
  【 呼びかけ人 】
     新藤 次郎 (映画製作者)
     高畑 勲  (映画監督)
     羽田 澄子 (記録映画作家)
     降旗 康男 (映画監督)
     山田 洋次 (映画監督)
         (あいうえお順)

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
長州人のアン人は何を云ってもお判りにならんお人です。
なにしろ爺さまが爺さまですからね。

庶民の声なんぞ『屁』とも思ちょらんのですよ。

そんなお人が率いる自由民主党人を国会に送り込んだのは
何処の國民ですかね。
Posted by 紋狗 悠之輔 at 2013年12月04日 06:40
絶対多数の議席をもっているのに 慎重審議すら放棄する姿勢は 「独裁政治」もいいところですね。
当面 TPPなどの屈辱外交過程を「特別秘」にするしか ないのでしょう。

この法案は、両刃の剣で 政権交代した時の 特秘の内容公開という手段もとれる。

まずは「あと3日」の攻防です。参議院議長の英断を願うのみです。

反対討論の時間制限なし、記名投票での牛歩戦術の容認などを 野党一致で要求して欲しい。

その前に 議場入口・議長通路閉鎖などの実力行使も視野に入れて欲しい。

国民は 白紙委任を自民党に与えたのではないことを証明したいものです。
Posted by 小だぬき at 2013年12月04日 07:29
表現の自由は大事です。
Posted by みゆきん at 2013年12月04日 12:40
やはり5日が山のようです。衆議院の委員会可決のように 本当に可決が成立したのか疑念をもたれるような強硬採決をしたら 6日国会大集会とデモです。
原発廃炉のデモと合流しての闘い。
まずこの法案が成立してしまったら 創価学会の会計・決算を国税が調査することもおこりかねません。可決と同時に 公明党はお荷物になるはずですから。
Posted by 小だぬき at 2013年12月04日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト