2013年12月03日

秘密法案、再び採決強行も 審議不十分と野党反発

秘密法案、再び採決強行も 
        審議不十分と野党反発
2013年12月3日 19時17分   共同通信

 自民、公明両党の参院幹部は3日、機密漏えいに厳罰を科す特定秘密保護法案について、5日に参院国家安全保障特別委員会で可決し、国会会期末の6日の参院本会議で成立させる方針を確認した。

野党側は「十分な審議が必要だ」と反発しているが、与党は衆院通過時と同様に採決強行を辞さない構えだ。


 参院特別委は3日夕の理事会で、4日午前に安倍晋三首相が出席する質疑を行う日程を提案。

野党側が反対したため、中川雅治委員長(自民党)が職権で決定した。

その後の委員会で、4日午後にさいたま市で地方公聴会を開く日程を決めた。

posted by 小だぬき at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト