2013年12月13日

おごれる者は久しからず

【私説・論説室から】
おごれる者は久しからず
2013年12月11日 東京新聞

 過酷事故の後始末もできないのに「原発再稼働」を目指す。
公約違反の「TPP交渉参加」を決める。
バラマキもやめないで「消費税増税」する。
民主主義を壊しかねない「特定秘密保護法」を強引につくる…。


 「民意」の多くに反する重大事案をさも平然と決めていく。

安倍政権は国政選挙さえ勝てば「やりたい放題」の免罪符を得ると勘違いしているのではないか。


 もっとも、「民意」と政権との大きなズレは選挙結果で分かっていたことだ。

一年前の総選挙で自民党は大勝したが、それは低投票率や小選挙区制の特性のおかげだった。
全有権者でみれば自民の得票率は小選挙区で24%、比例代表はわずか15%。
四分の一以下の「民意」しか得ていない。


 「ナチスの手口を学んだらどうか」「デモはテロ」という政権である。

以前、この欄で触れた寓話(ぐうわ)『茶色の朝』の世界に、いよいよ近づいたと感じる。
ファシズムの怖さを原体験に持つ作者パブロフ氏は言った。


 「民主主義は壊れやすい花瓶と同じ。小さなひびを放っておくと、いつの間にか割れてしまう」。
氏は多くの人に伝えたいと印税を放棄し、寓話の原書は一ユーロ(約百四十円)で販売された。
フランスでは学校教材としても広く読まれた。


 道徳を教科化するというなら、この国も教材に採用してはどうか。
いや、「不都合な真実」を「秘密」にしておきたい政権には望むべくもないか。 (久原穏)

posted by 小だぬき at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト