2013年12月22日

(どうする?秘密法)命より重い情報ない 三上智恵さん

どうする?秘密法)
命より重い情報ない 三上智恵さん
2013年12月21日21時17分 朝日デジタル

 ■琉球朝日放送キャスター・三上智恵さん


 多くの人は「国防上の秘密があるのは仕方ない」とか「スパイ容疑で罰せられるのは映画の世界」と思っているのではないでしょうか。

しかし、沖縄では機密を知っていたために死に追いやられた住民がたくさんいました。


 情報を漏らすものは極刑という軍機保護法があった沖縄戦でのことです。

住民は軍人と同じ屋根の下で暮らし、陣地の構築や奉仕にかり出されました。
軍の編成や動向など軍事機密に通じていました。

だから、敵が上陸し捕虜になって情報が漏れることを恐れた日本軍から「スパイか」と切りつけられ、自決に追い込まれた。
自分の身を守るため「あいつがスパイだ」と密告する人もいました。


 特定秘密保護法は軍機保護法の再来です。

いまも米軍や自衛隊と隣接して生活する沖縄の住民が、いつまた不都合な存在となり、処罰の対象にされるかと危惧しています。


 事故の多いオスプレイが使う着陸帯の建設に反対する東村(ひがしそん)高江の住民たちが主人公のドキュメンタリー映画「標的の村」を制作しました。

家の近くに何がどのくらい飛来するのか、命を守るために知ろうとするのは当然です。しかし、「秘密を保有する者の管理を害する行為」とされて監視対象になりかねません。


 軍事機密の漏洩(ろうえい)を厳罰化した先にもたらされた悲劇を知るこの島から、法の危うさを何度でも訴えていきたい。

人の命よりも先に守るべき情報などあるはずはありません。

posted by 小だぬき at 01:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知る権利が民間人になくなるのは危険!!
Posted by みゆきん at 2013年12月22日 12:30
笑い話のようですが 特秘とされる事項すら 軍事専門誌には ただ漏れの日本です。
また米国情報・マスコミとクロスチェックすると 大概のことは予想がつきます。
問題は「情報秘匿」より 摘発・監視にあるのは明らかです。
家電などの情報も パンフレットにCPIや配線までのっているのですから、政府の狙いは TPPや安保などの土下座外交を知られたくない1点に絞られるようです。私たちは 多数派や正義に 一歩踏みとどまり
考えねばならない時代に入ったようです。
Posted by 小だぬき at 2013年12月22日 14:17
先日、安倍さんがTVに出演して「知らずに知ってしまった民間人を罰することはない」と力説していた。だったら、秘密保護法なんていらないんじゃないの?と思いました。
言えば言うほど嘘くさい^^
したっけ。
Posted by 都月満夫 at 2013年12月22日 16:33
「知らずに知ってしまった」の立証は ほぼ不可能ですものね。なにを知ったことで罰せられるかも不明。運用次第では、戦前以上に思想弾圧に応用拡大できる治安立法。やはり廃案にするしかない法律です。
Posted by 小だぬき at 2013年12月23日 18:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト