2013年12月24日

JR東海 女性運転士増加 命預かる責任 激務でも誇り



JR東海 女性運転士増加 
       命預かる責任 激務でも誇り
2013年12月23日 東京新聞朝刊

 JR東海道新幹線に女性運転士が誕生して今年で10年。

当初の4人から現在は三桁となり、ホームの風景にも溶け込んできた。
車掌や指令なども増え、JR東海は来年以降も「女性が活躍する分野は広がっていくだろう」としている。
現役運転士と1期生に話を聞き、歩みをたどった。 (栗田晃)


 革のかばんを手に、りりしい制服姿でホームを行く。
一編成当たり乗客千三百人の安全を預かり、週二回の泊まりもある激務だが、運転士歴二年半の根本浩未(ひろみ)さん(30)は「男性と比べて苦労があるとすれば、身支度のために早起きすることぐらい」と笑顔を見せる。


 就職活動中、偶然、東京駅のホームで見掛けた女性運転士の制服姿にピンときた。
「女性でも運転士になれるなんて格好いい」。
夢をかなえ、「先輩方に、いろいろアドバイスしてもらえたおかげ」と話す。


 一九九九年の労働基準法改正を機に女性の深夜勤務が可能に。
JR東海では二〇〇三年に女性運転士がデビュー。
年々割合は増え、現在、新幹線乗務員(車掌も含む)約千六百人のうち二百人余りが女性だ。


 「挑戦しないのはもったいないし、後に続く人もいなくなる」。

女性運転士の一期生、阪口杏沙(あずさ)さん(36)=現新幹線鉄道事業本部運輸営業部=は振り返る。


 三年間の車掌経験をへて、国家試験の免許取得に向け、四カ月の研修生活を送った。
運転士は列車運行の総責任者。
多岐にわたる故障対応を学ばなければならない。
「電車の模型で遊んだこともないし、電気回路や車両構造なんて、ちんぷんかんぷんだった」。
男性の同期の協力も受け、女性四人の初合格者の一人となった。


 初乗務は〇三年六月、名古屋駅から新大阪駅へ向かうひかり。
「お客さんの命を預かる気持ちでいっぱいだった」。
天候や乗車率で、ブレーキのタイミングは微妙に変わる。
京都駅で停車位置を守ることができ、ほっとした。


 阪口さんは運転士時代、記念撮影を頼まれたり、小さい子から手紙を渡されたりすることが誇りと励みになった。
安全運行への責任は男女同じだが、イメージアップに貢献できる女性ならではの面もあると感じる。


 運転士を目指す後輩から相談されると「やってみるべきだよ」と背中を押す。
責任が重い、と尻込みせず、挑戦することが大事。これからもっと増えてほしい」と期待する。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メリークリスマス(*^^*ゞ
Posted by みゆきん at 2013年12月24日 12:32
メリークリスマス。このJR東海のCMは 毎年開いては 懐かしいな・・と見ています。
昔は 高値の華だった新幹線も 在来線の廃止などで 乗らざる得なくなりました。まだ食堂車やカフェがあった当時 コーヒーで揺れを試したことを鮮明に思い出します。
東海道に比べ 東北新幹線は 政治駅が多すぎて困りものです。よく仙台までノンストップの新幹線を利用したものです。
Posted by 小だぬき at 2013年12月24日 14:22
新幹線の運転士で女性が増えることは魅力的ですね! 後はお母さんになってもバリバリやってくれたらもっと格好良いですね。新幹線の運転士の中には子供に運転する姿を見て欲しいと言っている乗務員がいますが実際はどうなのでしょうか? 又、新幹線の女性運転士の中には子持ちの人もいるのでしょうか?
Posted by 伴 剛士 at 2014年06月17日 20:47
新幹線ですか・・、JR東海はじめ何人かいるようですね。新幹線の運転席は壁遮蔽されているから 子供でも母親の運転風景は見られませんね。

新幹線の面白さは、運転手の腕で振動も違う点です。

共稼ぎは よほど旦那様に理解がないとムリですね。
乗務は ローテーションでも突発の欠員が出た場合は
負担がどの乗務員に行くかわからないでしょうからね。
Posted by 小だぬき at 2014年06月17日 21:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト