2013年12月28日

安倍首相靖国参拝:国際的孤立へと突進する暴挙:

安倍首相靖国参拝
国際的孤立へと突進する暴挙
2013年12月27日(金) しんぶん「赤旗」主張

 安倍晋三首相が政権発足から1年を迎えた日に、日本の侵略戦争を肯定・賛美する靖国神社へ参拝したことを、きびしく糾弾します。

首相としての靖国神社参拝は小泉純一郎氏以来というだけでなく、安倍首相はこの1年、日本がかつて侵略した中国や韓国と首脳会談を開くことさえできず、そうしたなか、国家安全保障会議(日本版NSC)や秘密保護法をつくり、集団的自衛権の行使をたくらむなど、軍備増強と戦争体制づくりを進めています。

安倍首相の靖国神社参拝は、内外の批判を踏みにじり、「戦争する国」へ突進する暴挙というしかありません。

政権に復帰以来の執念

 東京・九段にある靖国神社は、戦前は軍の管理で、日本の侵略戦争を「自存自衛の正義のたたかい」
「アジア解放の戦争だった」と正当化する、特殊な施設です。

日本の政府を代表する首相や閣僚が靖国神社を参拝するのは、そうした侵略戦争肯定・美化の立場に自ら身をおくことを認めるものであり、戦争で犠牲になった「英霊に尊崇の念を示す」「不戦の誓い」などという言い分は通用しません。


 安倍首相は靖国神社参拝後、これまでの首相も参拝を続けてきたといいはりましたが、侵略戦争を肯定・美化する靖国神社への首相や閣僚の参拝が、侵略戦争は繰り返さないと誓った国内世論の批判を招いてきたのはもちろん、中国や韓国からもきびしい反発を呼んできたのは歴史の事実です。

だからこそ2006年の小泉氏以降、首相は参拝しなかったのです。


 ところが安倍氏は、06〜07年の第1次政権時代に靖国神社に参拝できなかったことを「痛恨の極み」と公言し、昨年末の第2次政権発足後、ことあるごとに参拝の機会をうかがってきました。

春と秋の靖国神社の例大祭には総理大臣名で供え物の真榊( ま さかき)を、8月15日の終戦記念日には代理を派遣して自民党総裁名で玉ぐし料を奉納したのはその証明です。

政権1年の日を選んだ参拝は、安倍首相の異常な執念を浮き彫りにするものです。

 首相や閣僚の靖国神社参拝には、かつて日本に侵略された中国や韓国だけでなく、連合国として戦前の日本とたたかったアメリカも懸念を示してきました。

ことし10月来日したアメリカの国務長官と国防長官がそろって千鳥ケ淵の戦没者墓苑に献花・黙とうしたのは、首相の靖国神社参拝をけん制したものと受け取られています。

 国内からも、海外からも反発が確実視されたのに、安倍首相があえて参拝を強行したのは、政権発足以来進めてきた「戦争する国」づくりへの新たな決意表明以外の何ものでもありません。

日本版NSCや秘密保護法を決めた後、「国家安全保障戦略」や「防衛計画の大綱」を策定、来年度予算案では軍事費の2年連続増額を決めるなど、安倍政権の動きは矢継ぎ早です。

暴走を食い止め、「戦争する国」をやめさせることが急務です。

中韓米…相次ぐ批判

 安倍首相の靖国神社参拝は直ちに中国や韓国の憤激を呼んでいます。
アメリカからも「失望した」と異例の反応が出されています。


 戦前の日本が戦争に突き進んだのは朝鮮半島や中国東北部への侵略を強行し国際的に孤立したのが背景です。

国内外の批判に耳を貸そうとしない安倍政権の暴走も国際的孤立と自滅を招く道です。

posted by 小だぬき at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何とも哀しい日本(にほん)國でありますなぁ。

アン人は戦争が大好きなんですよ。
口では「平和、平和」と、申して居るようですがネ。
血を見ないと氣がすまんのとちゃいますか。
あたしゃぁ、そんな氣がしますですよ。
それにしてもアン人の周辺は『イエスマン』ばかりで
暴挙恐慌(強行)を諌める人は居ませんなぁ。
昔々の橋本政権下の官房長官・野中さんような人がね。
失礼致しました。
Posted by 紋狗 悠之輔 at 2013年12月28日 05:06
民主主義の数の論理に 酔っているようですね。
三権分立といいながら 実態は「行政独裁」に近くなっています。戊辰戦争の官軍戦死者慰霊のために建立された「靖国神社」、それが「神=天皇」として統帥権は天皇=軍にありと独走した経緯は謙虚に反省は必要です。安倍氏が長州藩=山口県出身だからと許されるものではありません。
彼の焦りや暴走が「狂気」にうつる現状では、ご意見番は大切です。
日本人の「寄らば大樹の陰」を脱却して 「連帯を求めて孤立も辞さず」の精神に立ち止まる勇気が必要ですね。
蛇足ながら 太平洋戦争と大東亜戦争は 分けて論じなければならないし、戦死者も約7割が餓死・病死とされる「英霊たち」は、二度と 悲惨な戦争を望んでいないと信じています。
Posted by 小だぬき at 2013年12月28日 08:21
マスコミが騒ぎすぎ( ̄ε=‥=з ̄) フンガー
Posted by みゆきん at 2013年12月28日 12:30
みゆきんさん マスコミはもっと本質的な報道を多くすべきだと思うのです。
今も 自国の戦争責任を自国で検証しているドイツと 若者や弱者を大量に死なせた軍幹部・行政責任者・指導層が 降伏と同時に 過去の責任を棚上げにし 敗戦後も 臆面もなく指導層に返り咲いた日本では 外圧がない限り 自浄作用、自己検証が出来ないいびつな構造になってしまっています。

特攻という自殺行為を命じておいて 自分らは安全地帯にいたものたちの 屁理屈を叩き壊す機会です。
Posted by 小だぬき at 2013年12月28日 12:53
こんばんは !
やっと、暴風域から抜けて静かな二人暮らしになりました。
年末、年始は寒さが厳しいと報じられていますので、お身体にはお気をつけて、新年をお迎えください。
Posted by 南の風 at 2013年12月28日 22:12
「南の風」さん 子育て お疲れ様でした。
お心遣い、とっても嬉しいです。
共に いい年末・年始にしたいですね。
ご夫婦での生活の再スタートですね。うんと二人の人生を充実させてくださいね。
Posted by 小だぬき at 2013年12月29日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト