2014年02月05日

過去の蔑視発言に激怒! 女性と老人に舛添離れの異変

過去の蔑視発言に激怒!
女性と老人に舛添離れの異変
2014年2月5日 日刊ゲンダイ掲載

 2月9日の都知事選の投票日まで4日。
世論調査でリードしている舛添陣営に異変が起きている。

舛添要一(65)を担いでいる自民、公明の支持者が“舛添離れ”をはじめているというのだ。
舛添の過去の発言を知った「女性」と「高齢者」がカンカンになっているらしい。波乱が起きそうだ。

 街頭演説をしても聴衆が集まらない舛添元厚労相は、自民、公明の支持者を固める「組織選挙」に徹している。
230万票ある自公の基礎票を固めれば勝てると計算しているらしい。

 選挙運動のスケジュールも、街頭演説よりも公民館などに自民党支持者を集める「ハコモノ」での演説を重視。

4日は、日野市、立川市、昭島市、東久留米市、東村山市の5カ所で「ハコモノ演説」している。
自民党都議には「ハコモノ演説会」に500人の支持者を動員するように指令が出ているという。

「自民党支持者の多くは、本当はあまり舛添さんが好きじゃない。

でも、知り合いの都議や市議から『舛添さんをお願いします』と頼まれ、都知事選では一票を投じるつもりでいます。
世論調査の数字がいいのも、自民党支持者が『マスゾエ』と答えているからでしょう」(政界関係者)

■過去の発言がバレた

 ところが、自民党の支持者に衝撃が走っている。

舛添要一が「女性」や「老人」をバカにする発言をしていたことがネットで騒がれ、“本性”を知った支持者が怒っているのだ。

 実際、舛添は女性に対して雑誌「BIGMAN」で、
〈女性は政治に向かない〉
〈あのオバタリアンは全部“あがった”人ばかり〉
〈女は生理のときはノーマルじゃない。異常です〉などと、聞くに堪えない罵詈(ばり)雑言を連発していた。

ネット上には「舛添に投票する男とセックスしない女達の会」まで立ち上がっている。

 さらに、バラエティー番組では高齢者を「ヤツら」呼ばわりし、蔑視していた。

〈(国民全体の)1400兆円の(金融資産の)うち半分の700兆円はジジイババアが持ってんだよ〉
〈ヤツらはカネ持ってんですよ〉
〈消費税上げたら年寄りからも取れるんだよ〉

 舛添は選挙演説ではニコニコしながら「若い子もいいけど、おばあちゃんも大好きですから、おばあちゃんに人気あるんですよ」「私は母親の介護で九州まで7年間通いました。

大変さは、やった方でないと分かりません」と、いかに高齢者を大切にしているかをアピールしている。

「自民党支持者は、マジメで素直な人が多い。

舛添さんから『おばあちゃんも大好きですから』『母の介護を7年間』と聞き、応援してあげよう、と思っている人が多い。

ところが、女性と高齢者をバカにしていた。

まだ自民党支持者の1割も発言に気づいていないようですが、もし知ったら一斉に『反舛添』に回るはずです」(自民党事情通)

 舛添要一の選挙事務所に聞くと「この先の影響は分かりません。
まだ抗議はありません」(広報)とのことだった。

 投票まで残り4日。
どれくらいの自民党支持者が舛添の本性に気づくかが、選挙結果を左右しそうだ。
posted by 小だぬき at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト