2014年02月26日

2・26事件 陸軍青年将校がクーデター、戒厳令下の4日間

2・26事件 
陸軍青年将校がクーデター、
戒厳令下の4日間
2012年12月11日  毎日新聞

  第一次大戦後の激変する世界情勢の下、陸軍は国力を高めるために、軍と国家の近代化を図ろうとしていた。

しかしその方法について、軍部の統制を強化することで国力の増強を図る統制派と、天皇親政に戻すことで国力を回復させようと図る皇道派に分かれ、陸軍内部で抗争が続いてきた。


 1935(昭和10)年8月、皇道派であった真崎甚三郎教育総監が更迭されたことで、皇道派は陸軍の主要ポストから締め出された。

このことについて相沢三郎中佐が永田鉄山軍務局長を日本刀で惨殺する事件が起きる。
これは「永田が皇道派弾圧の中心である」と相沢が信じたために起こった事件であった。


 この事件は青年将校の心を大きく動かし、1936(昭和11)年2月26日未明、東京駐屯の歩兵第1、第3連隊を主軸とする陸軍の青年将校らが尊皇と討奸(とうかん=天皇の側近である重臣・統制派軍人・財閥・官僚などを討伐すること)を掲げクーデターを起こした。

彼らは首相官邸などを襲撃し、斎藤実内相や高橋是清蔵相などを殺害。岡田啓介首相は女中部屋に隠れて助かったが、身代わりに秘書の松尾伝蔵予備役陸軍大佐が殺害された。


 また反乱軍は永田町一帯を封鎖し、警視庁・陸軍省・参謀本部・陸相官邸などを占拠した。
これを受け27日早朝、九段軍人会館(現在の九段会館)に戒厳司令部を設置。
政府は都心に戒厳令を発表した。

当時の紙面では「宵・盛り場の灯は消え、劇場や映画館は早仕舞い」とある。
いつもはネオンが輝く銀座も、この時は静かな宵闇に包まれた。


 29日早朝に戒厳司令部より「反乱軍を鎮圧する」との発表があり、一部の地域の住民には避難勧告が出されたので、都心で戦闘が行われるのではないかとの臆測を呼んだ。

一方で陸軍は反乱軍に対し投降を促すビラをまいたりラジオ放送を流すなど相打ちを避けるように努めた。

その結果反乱軍の投降が相次ぎ29日にクーデターは鎮圧。
皇道派は完全に敗北し、後に、首謀者となった青年将校は、軍法会議で銃殺刑に処せられた。


 この事件以降、統制派を中心とした軍部の政治に対する発言力が増し、やがて日中戦争・太平洋戦争へと進んでいくことになる。

※参考文献:決定版昭和史7(毎日新聞社刊)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
軍部の政治への介入が分かり力による行く末が、
恐ろしい戦争へと進んでいった!
時代を超えての強い教訓です。現代は
極端な宗教による過激な武力が問題でしょう?
貧困と武力、問題深いですね。
Posted by テイフアニー(Ms mimi) at 2014年02月26日 10:40
思想はともかく 皇道派の青年将校のクーデターをきっかけに 「統帥権独立」の建前を全面に押し出し 軍の影響力が拡大し戦争に突入していったことは確かです。安部さんの「私がすべて決める」は、危険な兆候です。

最近の領土問題が 不思議に感じるのは私だけでしょうか?? 無条件降伏文書には 日本の領土は北海道・本州・四国・九州の4島に限ると明記されています。
竹島は 昭和28年以降 韓国が実効支配しています。尖閣諸島の帰属は棚上げで合意されていたのです。何をいまさら・・・というのが 国際的世論になってしまっています。

歴代政府の無策を棚に上げ 自衛隊で対抗方針を出すなんて 韓国・中国の思うつぼにはまりこみます。

外交で「頭を下げ続けてきた」結果が今の危機。

自分から国際孤立の道に進むほど愚かなことはないですね。
Posted by 小だぬき at 2014年02月26日 15:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト