2014年04月05日

論文のイロハを知らない理系研究者

【高橋乗宣の日本経済一歩先の真相】
論文のイロハを知らない理系研究者
2014.4.4 日刊ゲンダイ

小保方さんは「捏造」「改竄」なのか

エコノミストの領域ではないが、研究者のひとりとして看過できない問題だ。
STAP細胞の研究論文に関して、理化学研究所の調査委員会が「捏造(ねつぞう)」と「改竄(かいざん)」を認定した。  

はたして、この調査結果は正しいのか。

研究をリードした小保方晴子さんが未熟だったのは間違いないだろう。
まだ30歳の駆け出しだ。
かばうつもりはないが、ミスをすることだってある。

 特に彼女の場合は、論文の書き方を知らなかったことにありそうだ。

基本やイロハを知っていれば、非難されることではなかっただろう。
実際、調査委員会はSTAP細胞の存在を否定していない。

そこも無責任な話だが、画期的な結果をもたらした研究内容についての判断は留保した。
これから1年かけて検証するそうだ。
それなのに「捏造」だ「改竄」だと一刀両断するやり方は異常だ。

小保方さんが「承服できない」と不服申し立てをする構えなのも当然だろう。

 実験にのめり込んでいる理系の研究者の多くは、論文を書く機会が極めて少ない。
そこが文系の研究者と違うところだ。

文系であれば、論文を書き慣れているしトレーニングも積んでいる。
どのように表現するのが適切かも理解しているから、この手の失敗は起こさない。

 小保方さんの論文は、博士論文と画像が酷似している点が「捏造」とされたが、論文の作成で引用は決して珍しいことではない。
広く行われていることだ。
ただ、誰の何を引用したのかは、きっちりと明記しなければならない。
そのルールさえ守っていれば、他人の研究を自分の研究に生かすことは許されている。

むしろ、いろんな研究を踏まえて研究しなければ、新しい扉も開けない。

小保方さんは、画像の引用が必要だったのなら、論文の中で説明すればよかったのだ。
「改竄」と指摘された画像の切り張りについても同じである。
加工した理由を明記していれば、何ら問題にならなかったはずだ。

 この程度のミスを断罪し、研究者としての生命を絶とうとする調査委員会のメンバーも、理系の研究者を中心に構成されている。
やはり小保方さんと同じで、論文のイロハを知らないのだろうか。
あるいは知っていながらも、組織を守るために個人をバッサリと切ったのだろうか。

 いち文系の研究者には理解できない騒動である。
          【高橋乗宣】
posted by 小だぬき at 12:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>いち文系の研究者には理解できない騒動である。

高橋乗宣氏がどのような方かは存じませんが、
物事の本質を理解できない連中には当然かも?

>そこも無責任な話だが、画期的な結果をもたらした研究内容についての判断は留保した。
これから1年かけて検証するそうだ。
それなのに「捏造」だ「改竄」だと一刀両断するやり方は異常だ。


文系の中にはこんなことを言うアホもいるのだ?
これが自称(?)文系研究者?

Posted by 一握の砂 at 2014年04月06日 03:55
私は この高橋さんの論は正しいと思っています。
科学・化学の進歩は「今の常識」から離れた 自由な発想と常識への挑戦にあると考えています。

論文の不備で 否定をするやり方はフェアでなく 中世の魔女狩りに等しいと思います。

私も 法学部という文系ですが、この高橋氏の論には納得します。
「仮説」としてSTAP細胞の存在を全面否定するのは 現段階では間違っていると思います。
Posted by 小だぬき at 2014年04月06日 09:09
>科学・化学の進歩は「今の常識」から離れた 自由な発想と常識への挑戦にあると考えています。

そうだと思います。
それがこの件にどう関係があるのですか?

>論文の不備で 否定をするやり方はフェアでなく 中世の魔女狩りに等しいと思います。

貴方が論文の不備の問題だと断言する根拠は?
単なる論文の不備の問題では無いと言うのが調査委員会の主張でしょう。
その反論を示さずに論文の不備の問題だと断言なされるとはどういうことでしょう。

>組織を守るために個人をバッサリと切ったのだろうか。

こういうのはマスゴミの好きな表現のようだと思いますが。程度の低い、調子よく舌を動かすだけの連中。
研究者の倫理、日本の研究者の根本に関わる問題ではないでしょうか。

>調査委員会はSTAP細胞の存在を否定していない。

それはまた別の話ですよ。
この人本当にアホじゃないかと思いたくなります。
こんな奴が研究者ですか? 

>STAP細胞の存在を全面否定するのは 現段階では間違っていると思います。

現段階ではSTAP細胞の存在を全面否定していないでしょう。一年掛けて検証するのではないですか? 


加えて、
こんなことになった、組織の腐敗体制も厳しく糾弾されるべきでしょう。




Posted by 一握の砂 at 2014年04月06日 13:29
この高橋氏の論は、あくまで 論文のあり方に絞っています。
組織の在り方などは 指摘の通り 別に検証が必要でしょうね。
「一握りの砂」さんに その角度から書いていただけることを期待します。
Posted by 小だぬき at 2014年04月06日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト