2014年05月19日

心を穏やかに保つための4つのアドバイス

心を穏やかに保つための4つのアドバイス
2014年5月18日(日)22時26分配信 モデルプレス

予定が詰まりに詰まっていると心の余裕もなくなってくるものですよね。

イライラしたり、やっちゃいけないと分かっているものの、誰かに八つ当たりしてしまったりなどなど、心の余裕がないといいことがありません。
そこで、心に余裕を持たせ、穏やかに保つためのとっておきの4つのアドバイスをご紹介します。

1.忙しいのは自分だけではないことを理解する

自分だけが時間や仕事に追われて忙しくて押しつぶされそうだと嘆いていませんか?
周りを見てみましょう。

みんな同じ一日24時間の中でやらなければならないことをやりくりしているんです。
忙しいのはあなただけではありません。
まずはそれを理解しましょう。

2.出来ないことは他の人にお願いしよう

今あなたが抱えている、やらなければならないことは、本当にあなた自身がやらなければならないことですか?

他の人にお願いできることもあるのではないでしょうか?
自分が不得意なことは、友人や家族でその事柄を得意としている人にお願いして助けてもらうようにしましょう。

3.やるべきことを紙に書きだして順位をつける

頭の中だけでは整理しきれないことってあるんです。

そういうときは、やらなくてはいけないことを全て紙に書きだしてみましょう。
そして、2でお話したように他の人にお願いできるものはお願いする。
その後、自分でやるべきことに優先順位をつけてこなしていきましょう。

4.合間合間で自分を褒める

心の余裕がなくなってしまうほど忙しいあなたはきっと、色んなことをがんばっている証拠なんです。
そんな中で、自分が達成したことや、がんばっていることを褒めてあげるようにしましょう。

そうすることで。やる気がまた湧いてくるものです。
いかがでしたか?忙しくがんばるあなたに、心の穏やかさが加わればもっと魅力的な人になれるはずですよ。(モデルプレス)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私って、意外にくよくよするのです
心に平穏・・・いつくるのかな?
Posted by みゆきん at 2014年05月19日 09:01
みゆきさんには プロ友仲間がいる。くよくよしすぎるのは うつ病一歩手前、時と場により 要求条件・達成条件・我慢限界点を 自由に動かしていきましょう。
ストレスが溜まったら 消費税反対・憲法改悪反対・集団的自衛権反対・原発廃炉・福祉の充実を!!などのデモに参加して 見知らぬ人と手をつなぎ 大声をあげるなど 参加費無料のダイエット散歩へ。
殆どの場合 医療連などの医師・看護師のサポートあり。
Posted by 小だぬき at 2014年05月19日 17:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト