2014年11月09日

時間の経過する速度

時間の経過する速度は
暦の後半ほど速く感じる
2014年11月9日 東京新聞「筆洗」

 時間の経過する速度は暦の後半ほど速く感じるものだ。
二、三月あたりは猪牙(ちょき)舟で川を下る心地だが、十一月、十二月はもうロケットに乗っている気分になる

▼<やはらかに人押し合ひて一の酉(とり)>中村金鈴。
早いもので、十日は一の酉である。
暦の関係で、ことしは二の酉(二十二日)まで。
三の酉まである年は火事が増えるというが、その通りならば、ありがたい

▼はや一の酉と感じる、その体感速度を緩めるのは容易ではないが、工夫はある。
ある人に教わった。
思い切って、もう来年になったと思い込んでみるというのだ。
今年の十一月は二〇一五年マイナス二月。
十二月は同年マイナス一月という具合

▼ばかばかしいとは思わぬ。
そもそも終わってしまうと意識するので焦る。
これが時の猛スピードの正体か。
残り二分とせっつかれた二分と通常の二分は違うものだ

▼もう来年と思うことには別の利もある。
この時期を来年への助走ととらえれば、早く決意し、準備もできる。

十一月、十二月に新たな挑戦を始める人はあまりいないか。
もう年が改まるからと一月まで先送りしたくなるものだが、それでは、時間が惜しい

▼よい時期の合意である。
日中両政府が近く首脳会談を行う。
やっとである。
来年は終戦七十年という節目の年。
来年に向けて両政府が関係改善に動きだしたと信じたい。
こればっかりは鬼も笑うまい。
posted by 小だぬき at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト