2014年11月11日

バラマキに怪文書…沖縄知事選エゲツない自民党の悪あがき

バラマキに怪文書…沖縄知事選
エゲツない自民党の悪あがき
2014年11月10日 日刊ゲンダイ

  16日の投開票まで残り1週間。
沖縄県知事選は、「オール沖縄」で基地反対を訴える翁長前那覇市長がリードを保ったままだ。

追う立場の仲井真現知事を全面バックアップする安倍政権は、お得意のバラマキに中傷ビラ、有権者だまし…と何でもアリ。
なりふり構わぬ選挙戦を展開し始めた。

 8日には菅官房長官が沖縄入り。
沖縄電力内で開かれた「経済界総決起集会」に出席し、仲井真支持を訴えた。
地方選挙の応援に官房長官が入るなんて異例だ。

 自民党は、南北縦貫鉄道の建設や国際医療拠点構想、カジノを含む総合リゾート開発など、これでもかとバラマキ振興策を打ち上げてきた。

果ては、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの誘致を「政府として支援する」と菅官房長官が空手形を切った。
例によって、「県民の心をカネで買う」作戦だ。

 10月30日の告示日には谷垣幹事長が出陣式に出席。
9日は小泉進次郎議員を投入するなど、国政選挙並みの態勢だが、頼みの公明党は知事選で自主投票を決めている。

共同通信の世論調査によると、翁長氏50・5ポイント、仲井真氏25・4ポイントとダブルスコア。
挽回は難しい。

「自民党の調査でも大きく水をあけられていて、逆転は不可能。
あとは負け方の問題です。
ダブルスコアで負ければ、基地の辺野古移設問題などに影響が出てくる。
接戦は無理でも、今後のことを考えたら、少しでも票差を縮めておく必要があります」(自民党関係者)

■巧妙な有権者だまし

 知事選と同日投開票の那覇市長選も9日に告示され、自公推薦の与世田候補の出陣式には、公明党の斉藤幹事長代行が駆け付けた。

そこでは巧妙な“有権者だまし”が行われていた。
仲井真知事、与世田氏、斉藤氏のスリーショット撮影だ。
その写真を見たら、有権者は仲井真知事も自公推薦候補だと誤解しかねない。

 斉藤氏に「那覇市長選も県知事選も自公推薦候補という誤った印象を与えるのではないか」と聞くと、
「事前に聞かされていなかった。仲井真さんに握手を求められたので拒否するわけにいかなかった」と、予定外の撮影だったことを認めた。

劣勢の仲井真陣営は、公明票を獲得するためにペテン的な手法まで使うつもりなのか。

<カツラアタマはインチキ人間><県民欺く金権体質>などと、翁長氏を誹謗中傷する怪文書も出回っている。
自民党の県連関係者は、悪びれるふうもなく「幸福実現党に怪文書を配布してもらっている」と話していた。
 本当に自民党はやることがエゲツナイが、それだけ安倍政権が追い詰められている証左でもある。 (取材協力=ジャーナリスト・横田一)
posted by 小だぬき at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
解散選挙あるかな?
Posted by みゆきん at 2014年11月11日 13:42
有権者が 自主的に 投票行動ができるならば、解散・総選挙は 早い方がいいように思います。

これだけ増税・保険料・負担金が増えてても 自民党・公明党・民主党に投票する人の気持ちがわからないのです・・・。
Posted by 小だぬき at 2014年11月11日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト