2014年11月26日

有権者はいいのか? 無党派層が棄権なら「自民大勝」の悪夢

有権者はいいのか?
無党派層が棄権なら「自民大勝」の悪夢
2014年11月26日 日刊ゲンダイ

選挙区に戻った自民党議員は、思わぬ逆風にさらされているという。

 選挙戦はスタートしたばかりだが、有権者から「大義もないのに、なぜ700億円も使って選挙するのか」
「暮れの忙しい時に商売あがったりだ」と文句を言われ、釈明に追われている。

地方ではアベノミクスの成果について演説すると、ヤジが飛ぶそうだ。

 それでも“自民優勢”という選挙情勢になっているのは、有権者の関心が薄く、まれにみる低投票率になりそうだからだ。

朝日新聞の調査では、選挙に「大いに関心がある」は21%しかなかった。
05年選挙は47%、09年は49%、12年は39%だったから半分である。

このままでは、無党派層はほとんど棄権しそうだ。

投票率が下がれば、組織がしっかりしている自民、公明が圧倒的に有利だ。

 安倍首相を支えている大新聞は、低投票率にするために、わざと選挙前に「自民300議席へ」という記事を1面に掲げる予定だという。
無党派層に「もう勝負はついた」「投票に行ってもムダだ」と諦めさせる狙いだそうだ。

 しかし、12月14日の総選挙を棄権したら、安倍首相の思うツボだ。
「ほとんどの国民は、安倍首相の政策を支持していないはずです。むしろ、不安に思っている国民の方が多いと思う。自民党に一票を入れようと考えている有権者も、積極的な支持ではなく、ほかに入れる政党がないから、といった消極的な理由でしょう。

しかし、それでも選挙で過半数を獲得したら、安倍首相が『私は国民から信任を得た』と勝ち誇るのは目に見えている。

この先、4年間、暴走するのは間違いない。
有権者は本当にそれでいいのか。
安倍首相の暴走をストップさせるチャンスは、この年末選挙しかない。
国民は棄権してはダメです」(政治評論家・本澤二郎氏)

 無党派層が動かずに低投票率になったら、税金で食べるために政治家になっているような連中が、また大挙して国会に戻ってくることになる。

日本の民主主義のどうにもならない限界を象徴する選挙結果になりかねない。
まだ時間はある。国民は絶対に放り投げてはいけない。
posted by 小だぬき at 10:48| Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
果たして自民党はトップになれるでしょうか?
Posted by みゆきん at 2014年11月26日 12:50

あたしゃぁ投票には行きますが然程の関心ありませんなぁ。
日本共産党が小選挙区にそれぞれ候補者を立てたなら共産党
に投票しますなぁ。
でなければ、小選挙区では日本憂國党総裁『紋狗悠之輔』と
記す事にしますよ。
比例区は『日本共産党』ですなぁ。

現政権保持者の輩は人氣取り遊説を始めたようですなぁ。


Posted by 紋狗 悠之輔 at 2014年11月26日 13:55
財界や医師会、農協など なぜ今自民党を応援するのか理解できません。保険点数の低下やTPPなど 自民党に投票する心理は謎です。いかに草の根ネットワークが利権と義理人情でつながっているとしてもです。

やはり棄権者は「反政権党」が多いのと 1票では変わらないと思い込まされているのでしょうね。

共産党の「我が正しい」という姿勢が 「よりましな政権樹立」を遠のかせているようです。

でも権力暴走の批判勢力として、抵抗勢力としても 今は少しでも多くの議席を共産党に与えたい気持ちです。
ただ 昔の野坂参三さんのように お金を払っても演説を聞きたいという魅力がないのは残念です。

ハッキリ言って 志位さんや山下さんの演説は 眠くなるだけで 演説会に行こうという魅力に乏しいです。高橋千鶴子さんの魅力をもっと引き出せないのか、肝っ玉母さんをもっと前面に出して欲しい。
Posted by 小だぬき at 2014年11月26日 15:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト