2014年12月03日

「最近の老人たちは」と公共の場で若者が眉ひそめる例が増加

「最近の老人たちは」と
公共の場で若者が眉ひそめる例が増加
2014.12.01 16:00 NEWSポストセブン

 人生の手本であったはずの高齢者にどうも「異変」が見られる。

金融機関に勤める30代会社員A氏は外回りの途中、東京を東西に貫く中央線で運よく座ることができた。
次の取引先訪問に備えて資料をカバンから取り出して読み始めたが、その席が悪かった。


「60代後半か70代と思われる女性グループが、私の横や向かい側に点在して座っていて、大声で喋っていたんです。
目の前の通路には立っている人も何人かいるのに、それを飛び越えるように話していて……。
しかも会話の内容も嫁の悪口や近所の噂話で、聞くに堪えませんでした」

 電車内で携帯電話を使って大声で話す、ドアの脇を占拠して人が乗り降りしようとしているのに一歩も動かない、そんなマナー違反を目撃することも増えたように感じる。

 少し前は、公共の場で配慮ができない存在といえば「若者」が定番だった。

「最近の若いもんは」とはいつの時代も年配者が若者の姿を憂えていう言葉だったが、いまは分別をわきまえているはずのシニア世代が「最近の老人たちは」と若者から眉をひそめられる。

「目撃談」が圧倒的に多いのは、冒頭のように公共交通機関でのマナー違反だ。

20代の電子部品メーカー社員の男性は、朝のラッシュ時にこんな経験をした。
「駆け込み乗車してきたおじいさんが、電車のドアに挟まったんです。
痛そうだったので最初は心配していたのですが、ドアが開いたとたんに、後ろにいた友達と思しきおじいさんに『今なら乗れるぞ!』と声をかけた。
すると今度は2人目がドアに挟まったんです」

 出勤を急ぐ周囲のサラリーマンたちは冷ややかな視線を浴びせていたが、当人たちは「乗れてよかった」と満足げだったという。

※週刊ポスト2014年12月12日号
posted by 小だぬき at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(1) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔は
今の若い者は・・・
今は
今のお年寄りは・・・
逆転しちゃったね(>o<")
Posted by みゆきん at 2014年12月03日 14:46
どの世代にも 常識が通用しない人はいます。

わが身を考えるヒントになれば・・と選びました。
みゆきん父娘は このような行動には批判する常識がありますもの・・・。
Posted by 小だぬき at 2014年12月03日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

確かに傍若無人なお年寄りもいますが
Excerpt: 最近の若者は基本指示がなければ仕事をしないし、他人の仕事の状況などお構いなし。定時で帰るのが当たり前と思ってる。おいらに言わせればKYなのである。その上失敗などしても特に相談もなく、最悪抜き差しならぬ..
Weblog: やさぐれ戦記
Tracked: 2014-12-03 16:19