2014年12月08日

千の証言:開戦、消えた天気予報 真珠湾攻撃の日、データ暗号化 機密扱いの恐れ、今も

千の証言:仲間売った、悔い 
「積乱雲で帰還」うそに反論 
飛行隊の元気象士官
毎日新聞 2014年12月07日 東京朝刊

 結果的に、仲間を売ってしまった。

太平洋戦争末期に気象担当だった元海軍少尉が、苦しい胸のうちを語った。
米艦船を目指し飛び立った爆撃機1機が、悪天候を理由に基地へ引き返した。
予報を誤ったと上官になじられ、悔しくて後日、データを見せて反論した。
それが図らずも、死の恐怖にとらわれた操縦士の「うそ」を証明することになったのでは……。
痛恨の思いは戦後69年間、消えずにいる。
              【川上晃弘】

 「なぜ、あんなことをしたのかなあ」。
京都在住の増田善信さん(91)は、しみじみと言った。


 戦前の「気象技術官養成所」(今の気象大学校)を経て召集され、1945年6月に島根県出雲市の海軍基地に配属。
沖縄の米艦船を目指し飛び立つ爆撃機「銀河」の操縦士に、航路の天候を伝えるのが任務だった。
 途中に積乱雲や台風があれば、出撃は即中止。積乱雲に入れば機体が空中分解しかねない。
悪天候で戻れば貴重な燃料が無駄になる。
誤りは許されなかった。
 制空権を奪われて攻撃は夜間に限られ、気象説明はいつも夕方。
黒板に張った天気図を指さし、雲の高さや風向きを伝えた。
操縦士たちは張り詰めた表情で終始無言。
「かかれ」。
上官の号令で機に乗り込む。
遺書を残して飛び立つ者もいた。
 米軍の火力は圧倒的で、攻撃は困難を極めた。宮崎・都井(とい)岬を越えると、無線が途絶え始める。
「やられたか……」。
通信途絶は大部分、撃墜を意味した。


 ある日、1機が「前方に積乱雲」と連絡を入れ、引き返した。
飛行隊を統率する中佐に怒鳴られた。
「貴様! 予報を間違ったな。なけなしの燃料だぞっ」
 そんなはずはない。数日後、機が引き返した奄美大島付近の気象データをひそかに取り寄せた。
積乱雲はなかった。
資料を持って中佐の部屋に押しかけ、「私は間違っていない」と訴えた。


 しかし、中佐は「もういい」と遮った。
そして、ぽつりと言った。
「帰ってくることもあるんだよ」

 増田さんは、自分を初めて恥じた。
「誰だって死にたくはない。
自分だってそうだ。
中佐もうすうす気づいていたんだ」。
飛行隊との接触はなく、操縦士の名前も、その後の安否も知らない。

開戦、消えた天気予報 
真珠湾攻撃の日、データ暗号化
 機密扱いの恐れ、今も

 元海軍少尉の増田善信さん(91)は戦後、気象研究に打ち込む傍ら、原爆投下直後の黒い雨の降雨分布を独自に調べた。
原爆認定訴訟では「(国側は)黒い雨の地域を狭くしようとしている」と証言するなど核問題に積極的にかかわった。
その原点には、島根の海軍基地での体験がある。
 だがもう一つ、戦争と気象を巡る忘れがたい体験があった。
今月8日で丸73年となる日米開戦だ。      
              ◇
 増田さんは、故郷の京都府宮津市の測候所で予報官人生をスタートさせた。
その最初の年、気象業務が平時から戦時体制に切り替わる瞬間を目の当たりにした。
18歳だった。

 日本時間の1941年12月8日未明(米時間では7日)。
旧海軍機動部隊がハワイの真珠湾を攻撃し、日本は米国に宣戦布告した。
その日の夕方、測候所で中央からの気象電報を待っていた。
ふだんは正午現在のデータが午後6時ごろ流れてきて、それをもとに天気図を作る。
勤務は当番制で他に職員はいない。


 電報では風向き、風速、気圧、気温、雲形などが順に数字で送られ、天気図に記入していく。ところが、この日は意味不明の数字や言葉の羅列だった。
驚き、約200メートル離れた所長の家まで走った。
報告を聞いた所長は取り乱すふうもなく、測候所の金庫から赤表紙の乱数表を取り出した。
 この時、気象情報が機密となり暗号送信に切り替わったと知る。
天気予報は消え、台風が近づいても住民に注意を促すことができない。
「ここまでやるか」。
戦争は恐ろしいと初めて思った。      
              ◇
 島根県で敗戦を迎えた増田さんは、復活したラジオの天気予報を聴いて、「やはり平和のシンボルだ」と思った。
その後、気象技術官養成所(今の気象大学校)に入り直し、気象庁に採用される。

 ところが、戦争と気象の結びつきは戦後も終わらなかった。
日米安全保障条約に基づいて52年に結ばれた日米行政協定は、日本側が国内の気象情報を米軍に提供する、と定めた。
規定はそっくり60年の日米地位協定にも引き継がれ、今に至っている。

 「これを見てください」。
そう言って1枚の地図を広げた。
2001年9月20日のアフガニスタン周辺の天気図だった。
周辺国に風速や風向きなどが記載されているが、アフガニスタンだけは真っ白で、異様な印象を受ける。
当時タリバンが実質的に支配し、同時多発テロを受けた米国などによるアフガン攻撃が始まる直前だった。
気象情報はいつでも軍事機密となり、また戦争の混乱で一般の人びとの手の届かないものとなる。
それを天気図が物語っている。

 増田さんは、「中央気象台」(現在の気象庁)が戦時中に作った「戦時気象通報規定」も見せてくれた。
内部ルールだが、天気予報など国民への気象情報提供はなくす一方で、「軍への気象通報は許す限り積極的に実施する」
「実施の可否に迷った場合にはまず実施し、その後必要な方策を講じる」などと、軍部への協力をうたう。
 増田さんは実際の天気を観察しながら、時代の「雲行き」も眺めてきた。
「日本周辺で戦争が起きれば、再び同じ状況になる」と危惧する。
           【川上晃弘】
posted by 小だぬき at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戦争って・・・・
Posted by みゆきん at 2014年12月08日 14:42
戦争、軍は 国民を守るものでなく、戦争に勝つことを自己目的にしてしまうのですね。

戦時中は、台風に限らず地震被害すら隠されたといいます。太平洋戦争は 上層部の意図はともあれ「国民生活を守る」が大義名分でした。
しかし 集団的自衛権は 侵略国の視点でなければ成り立たない理屈です。
そんなことで 自衛隊員の命を失わさせるわけにはいきませんよね。
Posted by 小だぬき at 2014年12月08日 16:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック