2015年12月11日

自治会やPTA、強制加入は不当?

面倒くさい自治会やPTA、
強制加入&会費徴収は不当の疑い!
各家庭の事情無視で問題続出
2015.12.10 ビジネスジャーナル
文=平沼健/ジャーナリスト

 自治会(もしくは町内会)、学校のPTAへの加入・脱退の自由をめぐり、全国各地で紛争が起こっている。
加入の是非については見解が分かれるところであろうが、そもそもこのような自治団体は、なぜ存在するのだろうか。

 自治会やPTAといった自治団体は、いずれもかつては政府の指導によって各地で結成されてきた経緯があり、半ば強制的に加入させられてきた。
隣近所との付き合いが深かった頃には特に問題がなかったのかもしれないが、現代においては各家庭の事情は大きく異なるため、一様に負担を強制する自治は見直さざるを得ないのかもしれない。

 平成17年4月26日最高裁判所第三小法廷において、「(自治会の会員は)一方的意思表示により退会することができる」との判決が下されたことで、自治会への加入の任意性が広く知られることとなった。
そして、これを機に自治会への加入を拒否、または退会する人が全国で続出しているという。  

ちなみに、東京・武蔵野市は、全国に先駆けて自治会制度を廃止したことが知られている。

 第二次世界大戦中に政府が国民を統制するために隣組をつくったことが自治会制度の発端といわれている。
隣組は戦争に非協力的な国民を憲兵に密告する役割を果たしていた。
そのような背景から、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)は隣組が戦争を推進させているとして廃止した。

しかしGHQが去った後に再び日本政府は、自治会の制度を復活させた。
これに対して武蔵野市は、軍国主義の反省から自治会を復活させなかった。
 武蔵野市以外の全国の各地方自治体は、政府の勧告に従って自治会制度を推進し、それが今でも存続しているのだ。

トラブルが多発するPTA

 自治会と同様、ほぼ強制的に加入させられることでトラブルが増えているのが、学校のPTAだ。
子供が小学校に入学すると、最初の親への説明会・親睦会などの席でPTAの役員等の役割分担が行われる。
その場で、PTA加入が任意であることや活動への協力が自由意志だなどと説明を受けることは皆無だ。
役割がすべて決まるまで何時間も重い空気の中に“監禁”されることも珍しくない。

 そのような慣習を打ち破る出来事が昨年起きた。
熊本の小学校に通う児童の父親が、PTAの退会が認められなかったことが憲法21条に違反しているとして、約20万円の損害賠償を求める訴訟を小学校のPTAを被告として起こしたのだ。
現在も訴訟は続いているが、原告の主張が大筋で認められるのではないかとの見方が有力だ。  

訴状によると、2009年に2人の子どもが同市内の公立小学校に転入した際、PTAに同意書や契約書なしに強制加入させられ、会費を約1年半徴収された。
その後、退会を幾度も申し入れ、話し合いの機会も設けたが平行線をたどったため提訴に至ったという。

 憲法21条は、「結社の自由」を保障する条項だ。
結社する自由と結社しない自由があり、PTAなどの任意団体は、その趣旨に賛同する人が自由に結成するものであり、望まない人に加入を強制してはならないというのが憲法上の大原則といえる
 現状では、PTAは加入が義務であるかのような制度となっている学校が多い。
PTAの規約に「学校に通う児童の保護者を会員とする」と定め、強制的に会費を口座振替させている例も多いという。
「6年間のうち、2回以上はなんらかの活動に従事すること」などと負担を強制する例もある。  

その一方で、大抵は入会申込書などの書類も整備されていない。
子供の入学に伴い当然に役員を押し付けたり会費を強制的に徴収することが、「結社しない自由」を侵し違憲であると主張する憲法学者もいる。

 PTA会費が教職員の人件費や校舎の修繕費などに流用されている事案が次々に発覚し、批判も高まっている。
 また、保護者がシングルマザーやシングルファザー、他人に知られたくない病気を抱えているなど、家庭ごとに複雑な事情を抱えているケースもある。
仕事を持っている母親は、専業主婦と同じように学校の活動に協力できないだろう。
それにもかかわらず、拘束時間の長い役割を引き受けなければならない制度は、もはや時代に合わなくなっている。

 自治会やPTAなど、人とのつながりを重視し、協力し合って成り立ってきた制度は、日本人の美徳でもあり、今後も継続されていくことが望ましい。
しかし、時代に合わせて柔軟なかかわり方ができるように形を変えていかなければ、かえって廃れることになってしまうだろう。
  (文=平沼健/ジャーナリスト)
posted by 小だぬき at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは‼で茣蓙居ます。
雨が上がり生温かな風が吹き抜け“むあー”としている北總です。

寓ブログ、明日(12月12日)からは
下記へ移転します。

北 總 余 話 ≪悠々と徘徊を愉しむ〜〜寫眞雑感≫(續)
http://blog.goo.ne.jp/hokusou0428

本日は明日からの新しいブログの最終チェックでてんやわんやであります。
明日からも宜しゅうお願い致します。

先ずはご挨拶まで。。。。
Posted by 紋狗 悠之輔 at 2015年12月11日 16:03
PTA
経験した事がないから分からないけど、聞けば、主婦の中でも確執があったりするとか?
生涯経験する事はないよ
無くて良かったかも(。◕ˇдˇ​◕。)/
Posted by みゆきん at 2015年12月11日 17:14
紋狗さん、明日からのリニューアル楽しみにします。
変な天気の1日でしたね。

4月の懇談会は 担任としても悩みでした。結局大人しい人や気弱な人が受けざる得ないことになり、私は最後に 都合が悪い時は、協力してあげて欲しい。どうしても代理が難しい時は 欠席してください」と締めくくりました。「先生はPTAに協力的でない」と陰口を言われ続けました。
Posted by 小だぬき at 2015年12月11日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック