2015年12月29日

きっぱり断っても騙される人は、なぜ騙される?

きっぱり断っても
騙される人は、なぜ騙される
(PRESIDENT Online ) 2015年12月28日(月)配信

■「いらない」と言ったことが逆にアダ?

断っているのだ。
いらないと言っているのだ。
それなのに、結局、金を払ってしまう人がいるーー。
年末年始はワルたちにとって書き入れどきである。
注意が必要だ。

例えば近年、多く発生している詐欺のひとつに「名義を貸してほしい」と頼み込んでくる手口がある。
名義を貸せとは……。
怪しすぎる。
にもかかわらず、引っかかるのはなぜなのか。

ある事例の手口はこうだ。
「老人ホームへ入所する権利の名義を譲ってくれないか」
高齢女性はある業者から電話を受けた。
女性はきっぱりと、「必要ありません」と断った。
業者は「入居を待っている人がいるので、その権利を譲ってほしい」としつこく懇願したが、女性は「結構です」と一切応じずに電話を切った。
女性としては、しっかりと撃退したはずだった。


ところが数日後、別な男から電話がかかってくる。
「あなた名義で老人ホームの入所の権利の申し込みがなされました。
これは、名義貸しという犯罪行為です!
 このままだと裁判になります」 などと畳みかけられて、トラブル解決の名目で、数百万円払ってしまっている。

なぜ、女性は騙されたのか?
理由の1つは、犯人側の一方的な主張で攻められたことにあるだろう。
グルになった詐欺犯らは、女性に対して「あなたは老人ホームへの入居権は『いらない』と言いましたよね」と強く主張したらしい。
そのことで業者は「女性が権利を放棄した。
その権利を譲り受けた」と勝手に判断。
「あなたの名前で老人ホームの入居権の申し込みをした」と強弁するのだ。

電話口で「犯罪行為だ」
「裁判だ」といった高圧的な言葉を浴びせられた女性は冷静ではいられなくなったのだろうか、結局、丸め込まれてしまう。

誰がどう見ても、これは完全な言いがかりだ。
こんな論法では、すべてがまかり通ってしまう。
例えば、店員が2つの服を勝手に出してきて、どちらがよいですか? と尋ねる。
客が「左の赤い服は買いません」と言うと、店員が「それでは、左の赤い服がいらないということは、右の服をご購入するということですね。
お買い上げ、ありがとうございます」などと一方的に言って、服をレジで包み始めるようなものだ。
「おいおい、誰も買うとはいっていないぞ」となるに違いない。

■悪徳業者を「撃退した!」。その油断が危ない

こうした具体的な行動を目にすれば、おかしな言動はわかりやすいが、電話上での話のやりとりだけだと、とんでもない論法を展開されながらも、そのおかしさを指摘できずに、相手の口車に乗せられてしまうことは起こりうるのかもしれない。

騙された理由の2つ目は、詐欺犯らの怪しい勧誘を「きっぱり断った」ことでトラブル回避できたという女性の気の緩みもあったのかもしれない
「防御できた」つもりが、実はできていなかった。
安心感が突如崩されてしまったことでひどく動揺したに違いない。
たいがい詐欺や悪質商法と思しきが電話がかかってくれば、「結構です」「いりません」とはっきりと断れば、多くの人は撃退できると考える。
確かに、この言葉は、詐欺や悪質商法を追い払う「切り札」となりうる。
しかし、「しっかり断ったので、大丈夫」と安心している気持ちを崩されると、一気に動揺してしまう。
すなわち、ワルたちは私たちの「切り札」を崩すことで、冷静な判断ができない状態に追い込むのだ。
もし、切り札を切ったとしても、もうひとつの切り札を予め準備しておく。
そんな準備が私たちには必要なのだ。
とりわけ、ひとりで暮らしている老親などには。

もうひとつの切り札。
それは、先の名義貸しの電話を受けた女性の場合でいえば、「断る」という切り札だけでなく、警察などに通報しておき、今後のアドバイスを受けておくだろう。
もし、再び電話がかかってきても、その助言で対応するという、別な切り札を準備しておけば、動揺して騙されることもなかったはずだ。
不審電話があった時点で、被害に遭わなかったとしても警察などに通報することは大事なのである。
       ルポライター 多田文明=文

posted by 小だぬき at 13:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
もうすぐ来年ですね
来年も仕事だから
実感ないです
Posted by トモ at 2015年12月30日 00:11
あと2日で新年です。
お客さんの新年の服装を楽しむという位の余裕を持って乗り切ってくださいね。

ものは考えようです。元職の新年は 4/1でしたから・・。
Posted by 小だぬき at 2015年12月30日 09:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック