2016年01月31日

日銀導入「マイナス金利」 庶民の家計にプラス材料なし

日銀導入「マイナス金利」
庶民の家計にプラス材料なし
2016年1月31日(日) 日刊ゲンダイ

 市場のパニックが未来を暗示しているかのようだ。
日銀の「マイナス金利」導入決定で、きのう(29日)は円も株も乱高下。
黒田東彦総裁は決定後の会見で、「必要な場合にはさらに金利を引き下げる」なんて息巻いていたが、庶民生活にとっては“マイナス”どころか、ドン底にまでたたき落とされそうだ。

 そもそも黒田総裁は、先週21日の参院決算委で「現時点でマイナス金利を具体的に考えていることはない」なんて導入を否定していた。
“舌の根も乾かぬうちに”とは、このことだろう。

「サプライズというか、詐欺的というか。
それだけ黒田日銀が追い詰められている証拠です」(大手証券アナリスト)

 さらに黒田総裁は、マイナス金利には「プラス面とマイナス面と、いろいろある」と、自ら“副作用”があることを認めていた。
金利低下による銀行の収益悪化もそのひとつだ。

経済評論家の荻原博子氏が言う。
「いくら日銀から『お金を貸し出せ』とせっつかれても、需要がなければ民間の金融機関もどうしようもない。
1部上場企業は内部留保がたっぷりあって、銀行から借りる必要がない。
その必要がある中小企業は、銀行がリスクを嫌って貸したがらない。
金利低下で収益力が下がるとなればなおさらです。
貸し先がなくてお金がだぶつき、循環しなければ景気が刺激されるわけもない

 ただでさえ昨年12月の消費支出は4.4%マイナスと、4カ月連続でダウンだ。
消費は凍りついている。
「マイナス金利が景気を下押しする。
そう見る市場関係者は少なくありません。
さらに消費が冷え込み、経営者のマインドも冷え込む。
円安・株高で春闘の賃上げムードを盛り上げたいという日銀の狙いは分かりますが、それどころではなくなるでしょう。

今年の春闘相場は昨年よりやや後退しているうえに、マイナス金利で預金金利はますますゼロに近づく。
銀行に100万円預けても利息は200円も付かなくなる。
カツカツの年金暮らしの高齢者を直撃です。
それなのに物価だけはジワジワと上昇……庶民に待っているのは地獄ですよ」(経済ジャーナリスト・岩波拓哉氏)

 そこに“円安”が追い打ちをかける。
過去の円安局面で小麦や大豆が値上がり、食料品が高騰したことは経験済みだ。
静岡大の土居英二名誉教授の試算によると、1ドル=130円になると、安倍政権がスタートした12年に比べ、約21万円の負担増になるという(2人以上世帯で年収600万円のケース)。
 それでなくても、昨年11月の毎月勤労統計調査(速報)によると、実質賃金は前年同月比で0.4%減、5カ月ぶりにマイナスに転じた。
家計は完全にクラッシュだ。

「金利がさらに下がれば高齢者を狙い撃ちにした高利をうたった投資詐欺がますます横行する」(警察庁関係者)なんて指摘もある。
「黒田日銀の異次元緩和政策は失敗だったと認めるところからやり直すべきでしょう」(荻原博子氏)
 まったくだ。
このままでは庶民は殺される。
posted by 小だぬき at 13:34 | Comment(5) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小だぬき 賛
こんにちはで茣蓙居ます。 
平成二十八年睦月三十一日(第五日曜日・先負)であります。 
早いですなぁ、もう晦日(月末)を 迎えちゃいましたで茣蓙居ますよ。

如月は面白い通常國會に為りそうでありますなぁ。


哀れな秘書さん達も頑張って銭こ稼ぎましょう。
Posted by 紋狗 悠之輔 at 2016年01月31日 14:03
今日で1月終わりヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
Posted by みゆきん at 2016年01月31日 16:44
早いもので 今日で「1月とさようなら」ですね。

明日からの国会、野党が質問を調整して 高慢ちきな安倍首相、内閣を追いつめて欲しいです。

自民党も安倍首相の独善一色では 幅の広い政党という看板から 極右ファシスト集団になってしまいます。
良識派はみな引退してしまったのかな・・・。
Posted by 小だぬき at 2016年01月31日 18:02
こんばんは
今週もよろしくお願いします
Posted by トモ at 2016年02月01日 00:08
トモさん、今週もファイトですね。
病気などには 負けないぞ!!と 決意する小だぬきです。
Posted by 小だぬき at 2016年02月01日 08:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック