2016年06月07日

小だぬき 軍事オタクの溜息

小だぬき 軍事オタクの溜息

自衛隊の存在が「憲法違反」かどうかの議論は脇に置いて、最近の右翼さんたちの議論に決定的にかけている視点があるようです。
日本の主権防衛に関する 盲目的・ユートピア的「軍事崇拝」思想です。
陸上自衛隊の装備・運用を 大陸型陸軍の思想で考えている点です。

航空優勢・海上優勢が突破され、空想的に敵上陸を想定するまでは許せます。
ただ 前提になる 国民の生命財産の保護の視点がすっぽりと抜け落ちている点が問題です。

TV「そこまで言って委員会」などの議論を聞いていても 国民が消え まるでゲームの世界のような軍事的防衛を論じています。
尖閣・竹島などの島嶼部の限定的武力防衛は ある程度可能かも知れませんが、沖縄を始めとした本土防衛戦は 敵上陸と同時に「一億玉砕」の旧陸軍思想から一歩も前進しない精神論に陥っています。


無抵抗主義・レジスタンス主張の人々に対し、自称軍事評論家や憲法九条改悪論者は 「無責任な国防放棄」との罵声や中傷をしていますが、敵上陸を想定した陸上自衛隊の装備品充実こそ「無責任な一億玉砕」思想の表れと言えないだろうか??
前にも書きましたが、陸上自衛隊の装備品の根本的見直しを主張するのが「日本の陸上国防力」に責任を持つ姿勢です。

対ゲリラ戦・防諜対策・心理戦・救助、救難・工兵などの「長期持久、国民保護」の観点での再編成です。
航空自衛隊・海上自衛隊の存在拡充は 国防軍として敵上陸阻止・ミサイル防衛に不可欠ですが、陸上自衛隊の在り方は 真剣に討議されるべきと考えます。

陸上自衛隊の活動は、国民保護の観点と国民の協力が不可欠な条件です。
「国破れて山河あり」と国民が消え、旧大戦の沖縄戦・ソ連国土防衛戦のように大量の国民犠牲を無視・覚悟して機甲師団戦闘・市街戦で 政権を防衛するとの考え方なら 今の陸上自衛隊の整備計画になるのでしょうが、これでは 真の「抑止力」にはなりえません。

平和時の治安に問題があっても、希望者全員に 武器の効果的使用法や破壊活動の仕方などの「抵抗の仕方」の学習を基本・土台にした上での 陸上自衛隊の「長期ゲリラ戦・持久戦」を可能にする戦略・戦術の方が、より強い「抑止力」を持つと考えるのは、平和ボケなのでしょうか・・・。

軍隊は 抑止力・存在だけで「税金のムダ遣いと批判」される存在になるのが理想形です。
戦史を学習していて考えるのは、勝者・敗者とも 膨大な犠牲・破壊を生むことです。

安倍氏の「安全保障」の考え方に 国民の生命・財産を守りつつ 外交で戦う視点がなく、軍事力で国民犠牲を考えずに TVゲームのように戦えるというような幼さを感じるのは私だけでしょうか??
posted by 小だぬき at 14:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まともな議員がいたら問題が解決するのにな〜
何たって日本はひょっこりひょうたん島だもんね
出来たら中国や韓国から離れて太平洋のど真ん中に流れてくれないかしら?
Posted by みゆきん at 2016年06月07日 15:25
コメが入らない
Posted by みゆきん at 2016年06月07日 15:28
小だぬき 贊
こんにちは!!で茣蓙居ます。
静かに粉糠雨が降っちょる北總です。
2,3日は續く樣です。
梅雨ですなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=6DMtar9qyrk

ではごゆっくりお過ごしください。
Posted by 紋狗 悠之輔 at 2016年06月07日 15:29
みゆきんさん、戦争は「侵略した側は忘れても された方は忘れられません」朝鮮と中国の日本警戒は 「侵略を受けた」屈辱・自尊心復活の試みと捉えています。
その気持ちを汲んだ上で 平和憲法で日本自身が侵略的武装を自制して 脅威を削減しなければならないのに、抑止論では 警戒心を煽るだけです。
本来なら 大戦での敵国、米国からの自立を示さなければならないのに敗戦即隷属では 信用できない国とされても弁護困難になります。

紋狗さん、あじさいの道 初めて耳にしました。
「教員の常識は 世間の非常識」、余りにも長く非常識の世界に身を置いたため 世間の人の一般常識に追いつくことは大変な作業になっています。
特に芸能界や流行については ついていけない状態です。情けないです。

Posted by 小だぬき at 2016年06月07日 16:57
首相からしてとんちんかんな防衛思想ですからね。国民の生命財産の保護の視点がすっぽりと抜け落ちている点が問題という点で大いにうなづけます。
戦うのは自衛隊で、自分や自分の大切な人が血を流すかもしれないという発想がないし、自衛隊員の生死にも関心が薄いとしか思えません。
かわいい女の子が戦場に出たり、戦艦を擬人化した萌ミリタリーも戦争の怖さを忘れさせる危険な傾向と感じています。
Posted by カノッチ at 2016年06月07日 17:17
戦争で犠牲になるのは、女性・子供・老人、兵士ですね。

先の大戦に従軍した人の共通な意見は「戦争ほど酷い狂気はない」です。
アメリカ軍でさえ、他国に派遣された軍人は テロの恐怖から 誰が敵か味方か混乱し 無差別殺戮や自身の精神を破壊する痛ましい結果に陥っています。

国家の指導層が 国民を「数字」「統計」でしか見えなくなる時に 流されなくてよい血が流れることになるのですね。
世間が武装して当然という意見が中心軸になってしまっている今、旧社会党の非武装中立の理念を 世論の中心軸に戻して 戦争・軍隊を考えなければならないと思います。
マスコミや政治家の論調・言動が 「なぜ・どうして」の理念を無視して 表層だけの「いけいけ、どんどん」になっていることに 危機感を持っています。
Posted by 小だぬき at 2016年06月07日 18:03
こんばんは
暑いですね
休みの日はついつい冷たい物ばかり
食べたり飲んだりです
訪問です
Posted by トモ at 2016年06月08日 00:01
トモさん、私も冷たい物が主になっています。
私の主治医は、余り急に飲食すると 胃腸の冷えで体調不良になりかねませんよと 注意してくれました。

暑さのため ほどほどというのが難しいですよね。
Posted by 小だぬき at 2016年06月08日 06:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック