2016年09月06日

母が 母が 大動脈閉塞で 父の元に旅立ちました。

朝、1時27分に母が父の元に旅立ちました。
昨日までは元気だったのですが、今日 具合が悪そうなので救急車を呼び病院へ。
動脈がつまってしまい 内臓が壊死を始めていて、検査の結果 手術不能でなくなりました。
死に顔がとても穏やかだったのが 家族にとって救いです。
しばらくは発行が不定期で乱れると思いますが、お許しください。

とうとう妹と2人になってしまいました。
posted by 小だぬき at 02:25| Comment(7) | TrackBack(0) | 健康・生活・医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心よりお悔やみを申し上げます。
ご両親は、小だぬきさんと妹さんのことを、天から見守られていることと存じます。
Posted by 声なき声 at 2016年09月06日 12:46
お悔み、ありがとうございます。
葬儀社との打合せが終わり、今 ボカーンと心に穴のあいたような体たらくです。
夜 救急車を呼び 各種検査が長時間に話たり まさか直前まで必死に話していた母が 急死。
動脈硬化と動脈梗塞の怖さを思い知りました。

早く自分を立て直し、喪主としての勤めを果たしたいと思います。
「声なき声」さん、お互いに健康には留意していきましょう。本当にありがとうございました。
Posted by 小だぬき at 2016年09月06日 15:00
小だぬきさん
気持ちをしっかりね
私は8年前に母を亡くしました
ショックで記憶がないです
 
心からお悔み申し上げます
ショックでもしっかり食事して
あちらに逝った母上様に心配かけませんように。

Posted by みゆきん at 2016年09月06日 19:59
お悔やみ申し上げます。

お父さんがお母さんをお迎えにいらしてたんですね。

Posted by カノッチ at 2016年09月06日 20:41
みゆきんさん
順番を守ったといえば聞こえはいいのですが、不思議なもので「自分の親」は死なないという感覚で救急車を呼び、
救急医の「持って朝まで」という言葉が信じられない思いでした。そうですね、両親に心配をかけないように 健康に気をつけます。ありがとうございました。


カノッチさん
そう思いたいです。もう痛みに耐えなくていいんだよ、よく頑張ったと 父が迎えにきてくれたと思うようにします。
なにか今日1日、あっという間に過ぎ去ったように感じます。葬儀社や菩提寺との打合せ・・、葬儀は花に囲まれた旅立ちにしました。
暖かいコメント ありがとうございます。
Posted by 小だぬき at 2016年09月06日 21:18

ご冥福をお祈りさせていただきます
本当にお辛いですよね
こんな時は
辛くても食べてくださいね



Posted by トモ at 2016年09月07日 00:05
トモさん、ありがとうございます。
今は 10日の葬儀できちんと 母の霊を黄泉の国に送り出すことしか頭に浮かびません。

私が倒れないように食事をとるように努力します。
台風の被害がでないことを祈ります。
Posted by 小だぬき at 2016年09月07日 08:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
モッピー!お金がたまるポイントサイト